血糖値よりもhba1cに気をつけろ!血糖の平均を表すヘモグロビン・エイワンシーとは!?

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットをしていたり、健康に気を使っていると、血糖値の上昇を防がないと!という意識が自然と出てきますよね。

え?全然出てこないって?まぁダイエットをしているのに血糖値まで持ち出してくる人は確かにマニアックでしょう。そして今回はさらにマニアックな言葉の解説、活用の仕方です。

「血糖値」よりも大事な「hba1c」数値があるのをご存知ですか?知らない人の方が多いと思います。今回は、その大事な「hba1c」という聞きなれない言葉について学んでみましょう。難しくならないように書きましたので是非読んでね。役に立ちますから。

さて、糖質制限ダイエットを行う上で、血糖値の急激な上昇を避けることは非常に重要です。なぜなら血糖値が急激に上昇することでインスリンの分泌が促されるからです。
そしてインスリンは脂肪の生成、蓄積を促す成分であり、これが肥満を引き起こすからですね。

血糖値は糖質の摂取によって勢いよく上昇します。そのため一度にたくさんの糖質を摂取することは危険です。

しかし血糖値を安定させることができればダイエットに大きく貢献します。その点で普段の自分の血糖値をしっかりと把握していることが大切となるわけです。

しかし血糖値は頻繁に上昇、そして下降を繰り返しているために、平均した血糖値を知ることは困難です。この点で助けとなるのが「hba1c」です。では「hba1c」とはいったい何なのかを見てみることにしましょう。

血糖値の平均、hba1cヘモグロビン・エイワンシーとは?

hba1cとはグリコヘモグロビンのことです。そしてグリコヘモグロビンとは赤血球の中に含まれているヘモグロビンと、血液中のブドウ糖が結合したものです。

炭水化物

そして当然のことながら血糖値が高ければグリコヘモグロビンは形成されやすくなるのです。先にも述べたように、血糖値の変動は非常に激しいものです。そのため血液中の糖度の平均的な値を知ることは非常に困難です。それとは対照的にグリコヘモグロビン、つまりHba1cは濃度が安定しています。そのためHba1cの値を調べれば、過去1、2ヶ月の血糖の平均的な値を知ることができるのです。

言うなれば、血糖値は一時的なテストの点数で、hba1cは成績表!1回テストで良い点をとっても、年間を通じての評価が良くはなりませんよね。毎回のテストが良ければ、成績表も良くなるのです。

hba1c(ヘモグロビン・エイワンシー)の測定方法とは?

hba1cの測定は採血が必要となります。たいていの病院ではhba1cの測定を行っていますので、気軽に測定することができます。

cyusya

また病院で測定する場合、検査当日の食事制限などは必要ありません。また最近では自分でhba1cを測定できる測定器が販売されています。このようなものを購入すれば、好きなときにhba1cを測定できます。
通常の血糖値の検査方法はこちらもチェックしてみてください。

hba1cの基準値は4.3%から5.8%となっています。そのため数値がこの範囲内であれば血糖値が正常であることを意味しています。また先にも述べたように、検査直前の食事とhba1cの数値はほぼ関係がありません。そのため検査直前にものを食べても、逆に絶食しても、数値に影響が及ぶことはないのです。

何が危険なの?hba1cの数値が高い場合

hba1cの数値が高い場合、それは常に血糖値が高いことを意味しています。そのため何らかの病気にかかっている可能性が高いために、すぐに病院で検査を受けるべきです。

寝たきり

hba1cの数値が高いときに、真っ先に疑われる病気は糖尿病です。

たいていの場合、糖尿病である人のhba1cの数値は6.5%以上となります。そのためhba1cの数値が6.5%周辺、もしくはそれ以上であった場合、検査が必要となります。

特に糖尿病の典型的な症状である喉の渇き、多尿、そして体重の減少が見られる場合は必ず検査を受けなければなりません。しかし数値が6.5%に近い場合は軽症糖尿病の可能性が高く、そのような状況ではhba1cの数値が基準値内にすぐにおさまることもあります。

その他にも腎臓の働きが鈍ることでもhba1cの数値が高くなりますし、ヘモグロビン自体の異常にっても数値がばらつきます。そのためhba1cの数値が高くなった場合は糖尿病に加え、腎不全や異常ヘモグロビン血症といった病気が疑われることもあります。また逆に数値が低い場合、溶血性貧血や肝硬変などの病気の可能性があります。

hba1cの数値を抑える方法や生活習慣とは?

hba1cの数値の異常は生活習慣が関係していることがあります。仕事が忙しく、ついつい生活習慣が乱れてしまうということがあります。このような状況にある場合、hba1cの数値も乱れることがあります。

そのためhba1cの数値異常が生活習慣の乱れが引き起こした一時的なものであるかを確かめる必要があります。
まずは1ヶ月以上の間隔をあけ、再検査を行ないます。そして再検査を行う前にはバランスの取れた食事を取ることや適度な運動を行うこと、そしてお酒の量を控えるなどして生活習慣を健康的なものに改善します。再検査の結果が問題なければ、それは一時的な異常ということになります。そのため規則正しい生活を続けていけば、hba1cの数値を4.3%から5.8%内に保つことができます。

roujin
先にも述べたように、hba1cとはヘモグロビンと血液中のブドウ糖が結合したものです。そのため血糖値が下がればhba1cの値も下がってきます。

またhba1cの変化は血糖値のように激しいものではなく、安定しています。そのため血糖値を下げるのに効果的なことを行い続け、hba1cの数値を4.3%から5.8%内に保つことができれば太りにくく、健康な体をキープすることができます。そして血糖値を下げる効果のあるものはバランスの取れた食事、そして適度な運動です。これらは健康を維持していく上で欠かすことのできないものですが、hba1cに関しても同じなのです。

血糖値の上昇を防ぐ食材も上手に取り入れよう

食事に関しては血糖値を下げてくれる食材が存在し、それらを食すことができます。

シナモン

野菜であれば春菊、レタス、ほうれん草、そしてきのこ類などがそれに相当します。また大豆や乳製品、そしてタコやイカなどの海鮮類、調味料として使われるオリーブ油や酢などにも血糖値を下げる効果があります。

生活習慣を改善することも非常に重要

そして多くの人は忙しい毎日を送っているために、健康の為とはいえ運動をする時間を確保する事が困難であると感じています。
そのような人にお勧めなのがウォーキングです。時間がなければ仕事帰りに職場から自宅まで歩いて帰るなどすれば、立派な運動となります。また変わり行く景色を見ながら行うことのできる運動ですので、脳の活性化にも役立ちます。ジョギングよりも膝にかかる負担が少ないために、無理なく行える運動ですので継続しやすくオススメです。

女性

病気が関係して異常数値が出ない限り、「hba1c」は生活習慣を見直すことで正常な数値を保つことができます。
また糖尿病患者の中には食事療法を行ってhba1cを自分でコントロールしている人もおり、これらの人は正常な生活を送っています。このようにhba1cはコントロールが可能なもので、正常な数値を保てるように生活習慣を改善することによって健康で、太りにくい体を作ることができるのです。

糖質制限ダイエットは、勿論体重を落としたいという理由で始める方が多いと思います。ただ、ここで得られる知識は長い人生を健康に過ごすためにも大いに活躍してくれるはずです。
糖質制限ダイエットを通して健康の知識を増やしていく。このパターンにハマって上手に体の管理をしている人も多いですね。

ちょっと難しい言葉も出てくるけど、なんだか面白そうと思った方は、是非糖質制限ダイエットバイブルのトップページからいろいろと見てみて下さい。参考になるはずです。

スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2017年07月06日
生漢煎
ココナッツ豆乳
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう