糖質制限中でもパンを食べたい!おすすめの方法。

スポンサーリンク

糖質制限中にあきらめなければいけない食べ物の1つがパン。

小麦粉がベースとなるパンは、糖質が高いだけでなく、血糖値を上げるスピードであるGI値も高め。できるだけ避けたい食品です。

しかし、今までパンを普通に食べてきた人にとっては、いきなりパンを止めるのはツライ話ですよね。

炭水化物を気にしない!パン選び

ふすまパン

そんな方には、是非糖質が抑えめのパンを選ぶことで、ダイエット中でもパンを楽しみましょう。

糖質が低いパンは小麦粉を使わない?

パンという小麦粉の塊のような食べ物を、どのように糖質オフにするのでしょうか?その方法をまずは確認していきましょう。

方法としては、とてもシンプル。小麦粉を何か別のものに代用すれば良いのです。

小麦粉の替わりになるものは以下のようなものがあります。

  • おから粉
名称 糖質量(100gあたり)
小麦粉 約70g
おから粉 約13g

おから粉とは、ご存知の「おから」を粉状にしたもの。おからとは、豆乳を作る時にできる大豆のしぼりかすです。小麦粉の糖質が100gあたり70g前後なのに対して、おから粉の場合は13g程度。味に関しては、牛乳と豆乳の違いをイメージすると解りやすいのですが、若干大豆臭さがあります。

  • ふすま粉
名称 糖質量(100gあたり)
小麦粉 約70g
ふすま粉 約10g

「ふすま粉」という言葉を聞いた事が無くても、「ブラン」という言葉なら聞いたことがあるのではないでしょうか?これは、小麦粉の回りの皮の部分を指します。小麦粉は、ブランの中身の白い部分を粉にしたもの。対してその表皮を粉にしたものがこの「ふすま粉」です。糖質量はおから粉よりも若干低い10g程度。味に関しては、玄米と白米の違いをイメージしてもらうと解りやすいかもしれません。

通常のパンが白米。対してふすま粉をつかったパンが玄米です。若干くせがあるものの、好みによってはふすま粉の方が好みであったり、ふすま粉でないと物足りないと感じる方もいるようです。

糖質制限パンの買い方

前段で説明した、ふすま粉とおから粉。これらを使ったパンというのはどこで購入できるのでしょうか?

路面のパン屋さんではなかなか購入が難しいかもしれませんが、これらはネットショップなどで買うことができます。

その他、一部のパン屋さん(みんなのパン屋@東京都墨田区菊川)やチェーン店(ローソン、サブウェイのモーニング、洋菓子のシャトレーゼ)など実店舗でも購入できる場所がありますので、確認してみましょう。

ブランパンだけでなく、大豆をつかった大豆パンという低糖質パンもあるので、お好みを見つけてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年08月20日
  • アヤ子とミチ太
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう
  • 外食の糖質制限術