低GIにおすすめ!雑穀米の種類や栄養。

スポンサーリンク

雑穀米は、糖質制限をしている人におすすめしたいと言われる食品の一つです。また、糖質制限をする際に適しているというだけでなく、「健康にいい」という話を聞いたことがある、という人もいるのではないでしょうか。

雑穀米は糖質制限にも低GIにおすすめ!

雑穀米(五穀米)のGI値は55とされており、白米のGI値(84)に比べて、かなり低い数値となっています。これだけでも糖質制限をしている人には嬉しい食品と言えそうですが、雑穀米のメリットは、これだけとは限りません。

お米 GI値
雑穀米(五穀米) 55
白米 84

zakkoku2

そもそも「雑穀米」とは、どのような食品なのでしょうか。
白米に、玄米やアワ、キビ、ヒエ、大麦、ハトムギ、黒米、赤米などを混ぜて炊いたご飯が「雑穀米」と呼ばれています。
ちなみに「雑穀」という言葉は、米と小麦、大麦を除いた穀物を指すとされているようですが、実際に「雑穀米」として販売されているものの中には、厳密には「雑穀」にあたらないものも含まれていることが多いようです。
この雑穀米には、GI値が低いこと以外にも、様々な特長があると言われています。

雑穀米の豊富な栄養素

まずは、含まれている栄養素が豊富なこと。どのような雑穀が含まれているかによって、どんな栄養素を摂ることができるのかも変わってきますが、たとえば以下のようなものがあります。

血糖値の上昇を抑える食物繊維の豊富な大麦
まずは食物繊維。大麦などに多く含まれている食物繊維は、糖質制限をするにあたって、注目したい栄養素です。他の食品のGI値を下げる効果があると言われるほか、腸内環境を整える働きも持っているので、糖質制限を始めた頃に起こりがちな、お腹の不調を改善することにもつながります。

抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富な黒米
黒米などに含まれるポリフェノールには、抗酸化作用による生活習慣病や老化などの防止が期待できると言われています。アマランサスやアワなどには、鉄分が豊富に含まれています。貧血などに悩まされている方には、おすすめしたい食品と言えるでしょう。

新陳代謝で美容に効果があるはと麦
タンパク質、アミノ酸などを多く含むハトムギは、新陳代謝の活性化を促し、美容に効果があると言われています。

ミネラルが豊富な粟
粟(あわ)は大麦同様に食物繊維が豊富です。それだけでなく、ミネラルも豊富なので、貧血の予防にもなります。

善玉コレステロールを増やすキビ
キビも、食物繊維、ミネラルが豊富な穀類です。また、善玉コレステロールを増やす効果があります。

不溶性食物繊維が豊富なひえ
食物繊維、ミネラルが豊富なだけでなく、不溶性食物繊維を豊富に含んでいるので、腸を正常化し、便秘にも効果があります。

タンニンが豊富な赤米
タンニンには、脂肪燃焼を促す効果と、美白効果がある女性には嬉しい成分。このタンニンを豊富に含んでいるのが赤米です。

様々な雑穀を混ぜる雑穀米は、種類も豊富です。そのため、雑穀米から摂ることができる栄養素は、以上に挙げたものに限りません。体調や不足しがちな栄養素の種類に合わせて、食事に取り入れるといいのではないでしょうか。

選びかたや毎日の食生活での取り入れ方などは、次の記事にて紹介します。
ダイエット中におすすめな雑穀米!選び方や食べ方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年05月15日
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう