最近人気のある糖質制限ですが、この方法を実践する人の多くはダイエットを目的としています。糖質の過剰摂取は余分な脂肪の蓄積を招くために、必要最低限の糖質のみを摂取するというのがいわゆる糖質制限ダイエットに値します。

このダイエット法の大きなメリットは食べる量をそれほど減らす必要がないということです。そのためこれまで絶食に耐えることができず、ダイエットを断念してきたという人がこの方法によって身体を細くすることに成功しています。

しかしこのダイエット法が健康被害をもたらすのではないかと考える人もいます。なぜなら糖質制限を行うようになってからめまいを経験するようになったという人がおり、このダイエット法が体に何らかの異変を生じさせているのではないかと考えているのです。

確かに糖質制限を行うとめまいが生じることがあります。ではなぜそのようなことが生じるのか、まずはその原因について見ていきましょう。この点に関しては糖質の役割、そして糖質制限ダイエット中に起こりやすい生活習慣の変化について理解できれば納得いくはずです。

糖質の役割

honey1

まずは糖質が人の体に対して担っている役割について考えてみましょう。糖質は分解されるとエネルギーに変換されます。事実、人の体はたとえ眠っていてもエネルギーを必要とします。なぜなら生命を維持していくうえで、内臓の働きや呼吸といったものが常に必要だからです。これらの働きは眠っているときであっても継続されており、そのためにはエネルギーが必要なのです。このような理由により、糖質は体にとって欠かせない成分なのです。

しかし上記でも述べたように、この成分を過剰摂取してしまうとインシュリンが余分な糖質を脂肪に代えてしまいます。これが肥満が引きおこる一つの原因なのです。このようなことが生じないよう、体が必要とするエネルギーが生成できる量の糖質のみを摂取することが、糖質ダイエットなのです。しかしこのような計算は決して容易なことではありません。

糖質制限ダイエットによるめまいの原因

では糖質制限ダイエットによって生じるめまいの原因について見ていくことにしましょう。主なものは以下の通りです。

エネルギー不足

hirou2

糖質制限ダイエットを行っているときに生じるめまいの原因のほとんどはエネルギー不足です。体が生命を維持するために必要とする量のエネルギーが体内に存在しない場合、めまいや頭痛が生じることがあります。
活動量の多い人はエネルギーをたくさん消費することになるために、容易にエネルギー不足に陥ってしまいます。糖質制限を行っている人が摂取すべき一日のおおよその糖質量は決まっています。しかし場合によってはその量では少ないことがあるのも事実です。

しかしそうした調整を行うことは容易ではないために、エネルギー不足によるめまいを経験する人が多いのです。

また糖質制限だけではなく、他の方法も組み合わせていち早く身体を細くしたいと考える人がいます。とりわけ摂取カロリーを減らすことによってダイエットのスピードを速めたいと考える人がおり、食べる量そのものを減らす人がいます。タンパク質脂質を含むものを制限し、ダイエットを試みようとするとエネルギー不足は加速します。
なぜなら体は糖質によるエネルギーの生産ができない場合、筋肉や脂肪を分解してエネルギーを作り出すからです。これらはタンパク質や脂質から作られるものですのです。

そのためこの2つの栄養素が不足してしまうと必要な筋肉なども失われることになり、エネルギーを作り出すために必要なものが徐々に失われていきます。その結果エネルギー不足が容易に生じるようになるのです。

筋肉不足

ウォーキング

上記でも述べたように、糖質制限ダイエットを行うと筋肉が分解されてエネルギーが作り出されることがあるために、それらが衰えることがあります。このような状況に陥ると体を支えていた背筋や脚の筋肉が弱くなり、立ち上がったり歩くときなどにふらつきを感じることがあります。このような状況がめまいのような感覚を生じさせることがあります。

運動不足

先にも触れたように糖質制限ダイエットを行っているとエネルギー不足に陥りやすくなります。その結果、運動することが苦に感じられるようになる人がいます。このような流れで運動不足が生じると血行が悪くなり、首や肩が凝ることがあります。これらの部位の血流が滞ると頭痛やめまいが生じることがあります。

必要な栄養素の不足

ryokuoushokuyasai

ビタミンやミネラルなどが不足すると頭痛やめまい、そして立ちくらみなどが容易に引き起こされるようになります。そして上記でも述べたように糖質制限を行いつつも食事を減らすことによって身体をより早く細くしたいと考える人がおり、このような人はビタミンやミネラルが不足する傾向にあります。こうしたことが原因でめまいが生じていることもあるのです。またこのような行き過ぎたダイエットを行うと上記で考えたようなタンパク質や脂質の不足といった事態も関係し、エネルギー不足も相まってめまいが頻繁に生じることがあります。

ストレス

ストレスはめまいを生じさせることがあります。そしてこれまで甘いものが好きでたくさん食べていた人や、ご飯や麺類などの炭水化物が好きだった人が糖質制限を行うと、当然のことながらストレスを感じることがあります。このようなストレスがめまいを生じさせることがあるのです。また炭水化物が大好きであるという人が糖質制限を行うと大きなストレスを抱えることがあることが分かっており、このような精神状態がめまいの原因となることもあります。

辞めきゃと思うほど、欲しくなるものです。極端に糖質をカットするのではなく、少しずつ初めたり、白米を玄米に置き換えたり、蕎麦を大豆麺に置き換えたり工夫をしてみるのも良いでしょう。

糖質によるめまいの解決法

糖質制限によるめまいを解決するためにはまずその原因を探るようにしなければなりません。主な原因は上記で述べた5つですので、まずは自分がこの5つのうちのどれに該当するかを知るように努めます。

多くの場合、1つ目のエネルギー不足が原因となってめまいが生じます。急なダイエットや、野菜の糖質まで気にするほど極限まで糖質を省く…ということはそもそも止めましょう。そこまでしていないけれど、めまいが気になる場合は下記を参考にしてください。

エネルギー不足でめまいがする場合、必要となるエネルギーを作り出せる量の糖質を摂取する必要があるわけですが、体を動かす機会が減ると糖質の過剰摂取につながり、肥満が解消されなくなってしまいます。

このような状況を心配し、糖質の摂取量を増やすことに抵抗を感じる人がいるのも事実です。そのような人はタンパク質をしっかりと摂取し、筋肉を鍛えることに重きを置くことができます。

hirou4

そうすることでエネルギー不足が生じたときに体が必要なエネルギーを生成することができるようになります。

またバランスのとれた食事を取ることも重要です。ダイエットが絡むとついつい栄養バランスの偏った食事を取ってしまうことがあります。その結果ビタミンやミネラル、そしてタンパク質の摂取量が減ってしまうことがあります。そのため糖質制限をダイエット目的で行っている人は、バランスのとれた食事を取るように心がけるべきです。

当然のことながら糖質を全く摂取しないという極端に走ることは避けるべきです。先にも触れたように糖質はエネルギーを作り出す重要な成分です。

しかし摂取しすぎると脂肪に変換されてしまうために肥満が生じてしまうのです。このようなメカニズムをしっかりと理解しておらず、少しでも糖質を摂取すると肥満につながると考え、糖質を全く摂取しないようにする人がいます。このような食生活は容易にエネルギー不足を招くことになり、大変危険です。

また糖質による惑溺性が影響して摂取量を制限することでストレスを感じる場合、摂取する糖質の量を少しずつ減らしていくことができます。まずは糖質制限を行い、禁断症状が出た場合はキャンディーなどを舐めることでそれを改善し、徐々にその回数を減らすという方法で糖質制限を続けることもできます。

こうしたことを行っていれば糖質制限によるめまいを改善することができます。

兆候が見られたらすぐに対処

hirou1

糖質制限によるめまいそのものが体に大きな害を及ぼすことは滅多にありません。しかしめまいが続くのを放っておくことは大変危険です。まためまいが起こることで転んでしまい、大怪我に至ることもあります。そのためめまいがひどくなる前に対策を練る必要があるのです。まず糖質制限による大きなめまいが突然生じることはありません。なんとなく集中力が長続きしなくなったり、小さなめまいが生じることから始まるのが一般的です。このような症状が出た場合、上記で述べたようなことを行ってめまいを改善する必要があります。

注意点と心がけ

これまで見てきたように、糖質制限を行っているとめまいが生じることがあるのは確かです。とりわけ糖質制限ダイエットを行っている場合は食事に偏りが見られることも多く、このようなことが原因でめまいが生じやすくなります。実のところこうした症状が引き起こされることは多くの人によって知られています。そのため糖質制限を行っている最中にめまいが生じても、それを気にかけない人もいるのです。しかしこのような判断は大変危険です。

hirou7

上記でも考えたように、糖質制限中にめまいが生じた場合はすぐに対処するべきです。そしてそれでもめまいが改善されなかった場合は他の原因でめまいが生じている可能性があります。たとえば肥満体の人の場合は高血圧、糖尿病、脂質異常症、心筋梗塞、脳梗塞、そしてうつ病などにかかる確率が高まります。

そしてこれらによっても頭痛やめまいが引き起こされることがあるのです。このような病気は早めに対処しなければ命に関わることもあります。そのため糖質制限中に引き起こされるめまいを軽く見るのではなく、その他の原因によるものかもしれないという意識のもと、改善を試みる必要があるのです。また糖質制限によるめまい対策が功を奏さない場合、早めに病院へ行ってその原因を突き止めるようにするべきです。

その他の心がけるべき点

これまで考えてきたように、糖質制限ダイエット中のめまいに対処するためにはエネルギー不足に陥らないようにすることやめまい予防に役立つ栄養素を摂取すること、そして筋肉を鍛えることやストレスを解消することなどが必要です。このようにめまい対策のメインは食べ物によるものです。しかしその他にも糖質制限中のめまいを解決するために行えることがあります。そのうちの一つは睡眠です。

honey5

睡眠を取ることで体の疲れはリセットされます。しかし十分な睡眠を取らなければ体は疲労感を感じるようになります。このような状態が続けば当然のことながらめまいが生じやすくなります。とりわけ糖質制限ダイエット中はただでさえエネルギーを生成する糖質の摂取量を少なくしているわけですから、疲れた体にエネルギーをもたらすことが難しくなっています。そのため糖質制限中のしっかりとした睡眠は非常に重要なのです。

また糖質制限を行うことで甘いものや炭水化物を好きなだけ食べることができないというストレスを抱えることがあり、これがめまいを生じさせることについても考えました。この点でも睡眠は非常に大切です。なぜなら睡眠はストレス解消にも役立つからです。

加えてタンパク質をしっかりと摂取し、筋トレを行えば糖質制限ダイエット中に衰えがちな筋肉を鍛えることができます。筋肉は筋肉細胞から成り立っているわけですが、人の体が細胞分裂を活発に行うのは22時から2時の間です。この時間帯にしっかりとした睡眠を取ることができれば、筋肉を効率よく増やすことができるのです。そのためできることならばこの時間帯に睡眠を取ることができるように心がけることができます。このように十分な睡眠を取ることも糖質制限中のめまいを改善することに役立つのです。

規則正し生活が鍵

kanpou11

これまで糖質制限中ダイエット中にめまいが生じる原因とその対処法について考えてくることができました。もしかするとお気づきかもしれませんが、結局のところ規則正しい生活を送ることが一番の解決策なのです。そのため栄養バランスの取れた食事、定期的な運動、そしてしっかりとした睡眠を取ることが必要です。もちろん忙しい毎日を送っている人にとって見れば、これら全てを行うことは容易ではないかもしれません

。しかしこれらはめまい対策だけではなく健康促進にも効果があるために、意識して行うべきです。そのため徐々にでも構いませんので、規則正しい生活を行えるように努力するべきです。

糖質制限ダイエットは健康的に身体を細くできるダイエットでもあります。そのためこのダイエット法をしっかりと理解し、体に不調が生じないように心がけるべきです。そしてそのような心がけを行っていても不調が感じられる場合は糖質制限ダイエットではなく他の原因が考えられますので、すぐに病院へ行ってその原因を探るようにするべきです。