糖質制限ダイエット【ナッツ編】:糖質の少ない食品、多い食品。

スポンサーリンク

おつまみとしても食べる機会の多いナッツ。なんとなくヘルシーそうなのでナッツを食べているという人もいらっしゃるかと思います。

「世界一の美女になるダイエットバイブル」で有名なエリカアンギャルさんが提唱して、おやつにくるみやアーモンドを食べるようになった人も多いのではないでしょうか?

栄養価があり、良質な油を摂取できるので優秀な食材なんですが、糖質制限ダイエットでは、種類によってはちょっと気をつけるべき食べ物です。

ナッツ

ただ、おやつでチョコをつまむのならば、断然ナッツを口にして欲しいところなのでナッツの糖質量とおすすめの食べ方について解説していきます。

糖質・炭水化物の多いナッツ類

まずは、糖質・炭水化物の多いナッツから確認です。

品目 糖質 ※100gあたり
25g
銀杏 25g
カシューナッツ 20g

栗は想像できそうですが、銀杏やカシューナッツも実は糖質が高いのですね。特に栗はマロングラッセなど甘くして食べる場合も多いので気をつけましょう。

糖質・炭水化物やや多めの気をつけたいナッツ類

栗や銀杏、カシューナッツほどきにしなくても良いのですが、

品目 糖質 ※100gあたり
バターピーナッツ  14.4g
マカデミアナッツ  11.7g
ピスタチオ     11.7g

糖質・炭水化物のやや少ないナッツ類

品目 糖質 ※100gあたり
くるみ 4.2g
アーモンド 9.3g

栗や銀杏は、1/4が糖質。それに対してピーナッツ、アーモンドなどは、1/10が糖質です。ただ、決して少なくはないので摂取のしすぎには注意を。くるみは1/10弱ですが、そこまで少なくないので同様に食べすぎは注意です。

ナッツが好きな人は、果物好きも多いのでは?糖質ダイエット中はなかなか食べられない果物。それでも食べたくなったらどれを食べるべき?
糖質の少ない果物、多い果物!糖質量のベスト&ワーストランキング!

おすすめ!糖質制限中のおやつにしたいナッツ

摂取するのはビタミンや良質なアミノ酸が豊富なクルミ、そして、オレイン酸やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるアーモンドがオススメです!

ビタミンEが豊富なアーモンド

ビタミンEが100g中31mgも含まれます。
良質な油であるオレイン酸が70パーセントをしめています。硬水なみの豊富なミネラルがあります。

抗酸化作用が高いクルミ

ナッツ類で1番抗酸化作用が高いです。
ビタミンやミネラル(ビタミンE、B1、B6、葉酸、マグネシウム、銅、亜鉛)が豊富です。
アミノ酸の一種トリプトファンにより快眠が出来、さらに食物繊維が豊富です。味気ないので大量に食べるというのは難しいかもしれませんがサラダに混ぜるなど工夫すると良いです。

クルミとアーモンドの食べ方のコツ

kurumi

おつまみ用の炒ったものなどがよく売られていますが、【生のまま】食べましょう。殻つきのアーモンドやクルミが売っています。酸化させないようにそういった殻付を買い、さらに瓶などに保存して酸化を防ぎましょう。

大袋にどっさり入っているタイプもありますが小分けになっていると、開けた分だけ食べれば良いので酸化に気を使わず便利ですよ。

1回の量は食べ過ぎないよう、クルミは1日3粒(殻付のモノ)ほど、アーモンドは10粒程度にしておきましょう

ナッツを多く食べている人の中には、悪い油である飽和脂肪酸を出来るだけ抑えたい!と思っている人も多いのではないでしょうか。たとえば、サラダを食べる時にも、アマニ油などを使ってドレッシングを作れば悪い脂質は制御できますよね。

ナッツが気になるならこれも気になるかも?あわせて読みたい!

糖質制限ダイエットで成功するための「脂質」の取り方。良質な油、悪い油とは?
クルミやアーモンドにも豊富なオメガ脂肪酸やオレイン酸っていったい何?これを知ると、悪性コレステロール値が下がるかも!

糖質の低いおやつ一覧
ナッツはおやつにもおすすめ!ナッツ以外にもおやつになる糖質が少ない食べ物を知りたい方はこちらをどうぞ。

また、糖質制限・食事制限でダイエットを行う際は、代謝の低下が原因で脂肪がなかなか落ちないという事が多いです。
筋トレや有酸素運動を日常的に行っている方は問題ないですが、運動はできないという場合は、代謝を高める漢方などを併用する事をオススメしています。
代謝を高めて脂肪を落とす「漢方」を試してみた!【レビュー・感想】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2016年09月16日
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう