低糖質ダイエット:糖質の多い食べ物、糖質の少ない食べ物。【果物編】

スポンサーリンク

ダイエットと美容の味方!という印象が強いフルーツ。朝はフルーツだけにしているなんていうダイエッターも多いことでしょう。

ビタミンも豊富ですので、積極的に摂取したい…と思い勝ちなのですが、残念ながらほとんどの果物には果糖がたっぷりはいっておりますので、注意が必要です。

最近は、「糖度○%!!」なんて、甘いことが良い果物という風潮がありますが、本来もっと自然な味を楽しむべきなのが果物。甘い!!とい言葉に釣られてはいけません。贅沢品としては優秀ですが、健康管理上はすべてのケースにおいて良いとは言えないのです。

果物

とはいえ、果物には酵素やたっぷりのビタミン、ポリフェノールなど、健康や美容にとっては優秀。さらに、果物の果糖は体内に吸収されるまで時間がかかるので、通常のお菓子をたべるよりは断然おすすめなのです。糖質の多い果物は避けるようにして、食べ過ぎないように楽しみましょう。

糖質・炭水化物の多い果物類

まずは糖質の多い果物の紹介です。最近はスーパーに行っても果物の糖度が表示されている場合もありますので、よくチェックしてみましょう。

品目
バナナ、マンゴー、アメリカンチェリー、シロップ付けの缶詰果物(パイナップルや桃やみかんなど)

糖質・炭水化物の多くはないけど気をつけたい果物類

よく食べるフルーツも、気をつけなければいけない場合が多いです。

品目
りんご、キウイフルーツ、ミカン、桃、グレープフルーツ、イチゴ、パパイヤ、ラズベリー

ここで挙げられるような果物は、ビタミンなどの栄養も豊富なため摂取しても良いと思います。ただし、食べ過ぎないこと、イチゴなどは練乳などを加えずそのまま食べることを心がけましょう。

糖質・炭水化物の少ない果物類

品目
アボカド、梅

アボガドはフルーツなのですが、食事で摂取することが多いので、どちらかというと野菜に近い感覚ですよね。

そんなアボガド、1個まるまる食べても糖質は1.5gしかありません人間が合成できない必須脂肪酸も多いうえにビタミンも豊富。さらには濃厚クリーミーで美味しく満足度が高いので、積極的に摂取すべきおすすめ果物です。

とはいえ、アボガドばかり食べる訳にもいきませんのでもっと細かいランキングを作成しました。フルーツを上手くダイエットに活用したいという方は是非、ご覧ください。
糖質の少ない果物、多い果物!糖質量のベスト&ワーストランキング

果物以外の糖質量や、糖質制限のダイエット方法などを知りたい方は、→糖質制限ダイエットバイブルのトップページから見ていただくと、知りたい情報にすぐたどり着けます。1度ご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2016年09月02日
  • アヤ子とミチ太
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう
  • 外食の糖質制限術