「甘味」を感じなくなる!?甘いものを控えたい人が飲んでいる「ギムネマ茶」とは?

スポンサーリンク

ダイエットをしている人であればギムネマ茶って1度は聞いたことがあるのではないでしょうか??
このギムネマ茶、実は砂糖を減らしたいと思っている人にとってはぴったりなダイエット茶なんです。

とはいえ、強いものには、その分のリスクもありますので、どんなお茶なのかしっかり知っておきましょう。
ギムネマ茶
photo by lalithamba

甘さを感じなくなるギムネマ茶

人間の舌には味蕾(みらい)という細胞があり、この味蕾(みらい)で甘味、酸味、旨味、塩味、苦味をそれぞれ感じ取っています。

しかし、ギムネマ茶を飲むと、甘味をキャッチする味蕾が、本来キャッチするはずの甘味をキャッチできずに、甘味を感じなくなるのです。

例えば砂糖を舐めたとしても、砂を食べているような感じになるわけです。そりゃ、ケーキもなにも食べたくなくなりますよね。。

この作用、引用後1~2分で効果を発揮し、そして1時間ほどで元に戻るそうです。

糖の吸収を抑制するギムネマ茶

ギムネマ茶の説明をする際、こちらのほうがダイエットに効果的なこととしてかかれますね。

ギムネマ茶の元、「ギムネマ」。この主な主成分は「ギムネマ酸」とぃうものですが、これには糖分を吸収抑制するという働きがあります。

本来、糖分は食道を通り、胃を通り、小腸で吸収されるのですが、この小腸での吸収を妨げてしまうのです。

全部を抑制するわけではありませんが、それでも食後の急激な血糖値の上昇を抑えてくれます。

ギムネマ茶の危険性

大体この手のものにつきものなのが、「危険性」の話。
ギムネマには、糖の吸収を抑制するだけでなく、鉄分も一緒に抑制してしまうという働きがあります。

もしギムネマを飲む場合、「鉄分」を取ることを忘れないようにしましょう。

また、もし血糖値の上昇を抑える薬を飲んでいるのであれば、余計に抑制しすぎ、低血糖に陥る場合がありますので、医師に相談するなどの考慮が必要ですので忘れないでください。

糖質制限ダイエット中、炭水化物抜き中であっても、体を危険にさらしては絶対ダメ。きちんと自分の状況を考え、頼るべきものなのか見極めましょう。

スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年05月15日
生漢煎
ココナッツ豆乳
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう