低GIな食品選びでダイエットをより効率よく!

スポンサーリンク

gi

低GI、という言葉を聞いたことがある人は多いはず。そもそもGI値とは血糖値の上昇スピード。血糖値が急上昇してしまうと、多すぎる糖が脂肪細胞などに運ばれ肥満の原因になるので、GI値の低い食事を選ぼうというのが低GIダイエットです。

ダイエットにおすすめ!低GIな食品選び

「糖質制限ダイエットとも、「血糖値急上昇させない」という点では同じ。糖質が同じくらいの食事であれば、より低GIなメニューを選ぶほうがより効率がよくなります。そんな低GIダイエットの情報をまとめましたので、参考にしてみてください。

低GIの基礎知識

まずは低GIについて知ることから始めましょう。低GIという言葉の意味や、低GIダイエットをする際の注意点、また他の食材との食べあわせでより血糖値の上昇を穏やかにする方法などを紹介します。

低GIな食材

shokuji

食材ごとのGI値をチェックしましょう。GI値高いか低いか解りにくいもの。高そうで低GIな食材や、逆に低そうで高GIな食材などもありますので、気になる食材から確認しておきましょう。ここで注意したいのは、低GIだからといって、糖質が高いものばかりを食べてしまってはNGということ。あくまで糖質を抑える。その中でも食べたいときには低GIを選ぶ、ということを心がけてください。

朝昼晩の低GI食事メニュー選び

syokuji

朝ごはん、昼ごはん、夜ご飯、それぞれで低GIな食事を選ぶ際に気をつけたいポイントやおすすめの食べ方の紹介です。朝はパン、昼は牛丼、夜は軽く飲んでラーメン!なんて方は要注意です。

外食での低GI商品選び

食事

ファミレスや定食屋などの外食、居酒屋、カフェ、コンビニなどでも低GIに気をつけてみましょう。メニュー選びを少し工夫するだけで血糖値の急上昇を抑えることができますよ。避けるべき飲食店は、牛丼屋などの丼物を提供するお店。そしてラーメン屋などの麺類専門店。丼ものや麺類は、単品で注文することが多いので、どうしても低GIにはなりません。もし注文するならば、小鉢料理やサラダを一緒に注文し、麺やご飯の量を少なくするようにしましょう。

スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2014年11月28日
生漢煎
ココナッツ豆乳
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう