生漢煎(漢方)とサプリメントの違いとは?

ダイエット効果を謳っているサプリメントが多く発売されていますが、何度か紹介している生漢煎はサプリメントとどう違うのかをまとめておきたいと思います。

そもそも、前提として書いておきますが、どちらも飲めばあっという間に痩せてしまうなんて事はありません。そんなことがあるのであれば、肥満になりすぎてベッドから起き上がれずに輸送されるニュースが流れたりはしませんし、日本においても肥満に悩む、健康を害するまで太るなんて事も無いわけです。

どちらも場合も自分の生活習慣に合わせて、ダイエット効率を高めるためのものと考えておくのが良いでしょう。食事管理+生漢煎、運動初心者の運動+生漢煎などで効果を感じやすいのでおすすめしている人が多いのだと思います。

これを踏まえた上で、生漢煎とサプリメントの違いを知っておくと正確に理解できると思います。

生漢煎とサプリメントの違いは

kanpou

生漢煎は「第2類医薬品」

生漢煎は「第2類医薬品」、そしてサプリメントは一般的には「健康食品」に分類されています。まずは生漢煎の「第二類医薬品」から見ていきましょう。

医薬品という言葉からも分かるように薬という事になります。そして薬は4つの区分に分類されているという事を知っておくと良いでしょう。

分類 対応者 販売方法 購入者への説明
要指導医薬品 薬剤師 対面販売 義務
第1類医薬品 薬剤師 対面・通販 義務
第2類医薬品 薬剤師もしくは登録販売者 対面・通販 努力義務
第3類医薬品 薬剤師もしくは登録販売者 対面・通販 なし

花粉症のアレグラなどが分かりやすいですが、昨年までは薬剤師さんのいる薬局でしか購入できませんでしたが、本年からは第2類に変更されたようで、どこのドラッグストアでも比較的購入できるようになっていました。

生漢煎はまさにこの第2類医薬品に属していますね。
ただし、生漢煎は対面販売はなく通販だけになります。※平成26年6月1日からインターネットによる販売が解禁されました。

そして、厚生労働省によって管理されている為、効果や副作用なども理解して服用する必要があります。
漢方薬ですから、その分、効果も期待できます。自分のダイエットをなんとか軌道に乗せたいなんていう場合は、上記を理解して使ってみると良いと思います。

サプリメントは栄養補助食品

一方、サプリメントは栄養補助食品になります。つまり不足している栄養を補うための食品という事になります。栄養不足などで機能が低下している現象に対して栄養を補助することで正常化していこうというのがダイエットサプリメントという事になりますね。

こちらも効果・効能は多岐にわたります。摂取したカロリーの吸収を抑えたり、糖の吸収を減らしたり、脂肪燃焼の促進や運動パフォーマンスを上げたりなど様々です。

以上の事から「本気でダイエットするならサプリメントより漢方薬」と言われていることが理解出来ると思います。

漢方薬もサプリメントも体に入れるものという点は変わりませんからきちんと効果、効能、副作用を理解しながら飲むようにしましょう。

生漢煎初回50%オフはこちらから

生漢煎関連記事はこちらにもあります。

公開日:
最終更新日:2017年10月20日
生漢煎