糖質制限ダイエット中のコンビニでのメニューの選び方。

スポンサーリンク

毎日コンビ二を活用している方も多いのではないでしょうか?

食事のコーナーに行ってしまうと誘惑が多いものです。その中でも、糖質の無いものをしっかり選びましょう。定番メニューから糖質の高い避けたい商品と、糖質の少ないオススメの商品をピックアップしています。

ローソンphoto by Yuya Tamai
スポンサーリンク

お弁当、総菜コーナーで糖質制限

お米や麺が入っている弁当は全部NGと思いましょう。あと気をつけたいのは、ジャガイモを使ったお惣菜や、小麦粉がけっこう入っている商品。低カロリーな春雨スープも結局糖質なので遠慮しましょう。

bento

糖質の少ないOKメニュー

温める惣菜系:レバニラ炒め、ほうれん草のソテー、鳥の塩焼き、ウインナー炒め(ポテト付はNG)、ゴーヤチャンプルーなど
冷たい惣菜系:・ほうれん草の胡麻あえ、酢の物、冷奴、エビマヨなど
カップ麺、スープ:麺や米や春雨が入っていなければOK。コンニャク麺も可。

どこでも手に入るのが「おでん」です。大根、こんにゃく、白滝、牛筋、卵などおでんに欠かせないものは大体糖質が少ないのでお勧めです。逆に油揚げやちくわは糖質が多く含まれているので控えましょう。

糖質の多いNGメニュー

おにぎり:全般NG
お米の入っている弁当:全般NG
カップ麺、スープ:麺、米、春雨が入っているもの全般NG
パスタ、うどん、蕎麦など麺類:全般NG
温める惣菜系:ジャーマンポテト、肉じゃが、和風の煮物、餃子、春雨スープ、お好み焼きなど

サラダコーナーで糖質制限

基本OKなサラダですが、イモ、かぼちゃ、パスタを使ったものはNGです。また、ドレッシングは糖質量をチェックして選びましょう。

sarada_02

糖質の少ないOKサラダメニュー

  • 葉もの野菜のサラダ
  • 豚肉や鶏肉&葉もの野菜のサラダ
  • 海藻サラダ
  • 豆腐サラダ
  • 豆サラダ

糖質の多いNGサラダメニュー

  • ポテトサラダ
  • かぼちゃサラダ
  • パスタサラダ

代表的な物はコンビニで人気の「サラダチキン」があげられます。チキンと言えば脂肪を生み出すイメージがありますがこちらは塩による味付けで糖質が抑えられています。そのまま食べても美味しいですよ。

野菜の糖質量が知りたいかたはこちらも一緒にチェックしましょう。
低糖質な食べ物、高糖質な食べ物【野菜編】

缶詰・瓶詰め・乾物系で糖質制限

話題の缶詰。“かんつま”ブームもあり、種類も豊富、味もおいしいですよね!糖質が少ないものも多いです。缶詰をもっと知りたい方はこちらをどうぞ→流行の缶詰!糖質制限中に食べていいもの、悪いもの一覧。

kandume

糖質の少ないOKメニュー

・ザーサイ
・サバの水煮、ホタテ缶詰、かに缶詰
・メンマ(少量なら)
・焼き海苔

糖質の多いNGメニュー

・おかずのり、味付け海苔
・サバなどの味噌煮

飲み物で糖質制限

液体×糖質は一瞬で血糖値を上げるダイエットには不向きな商品です。ジュースと言われるものは炭酸であれ野菜ジュースであれ止めておきましょう。
drink

糖質の少ないOKメニュー

・水、お茶、無糖紅茶、コーヒーなど
・無糖炭酸水
・無調整豆乳
・牛乳(多少は)

糖質の多いNGメニュー

・フルーツジュース
・野菜ジュース
・ミルク、砂糖いりコーヒー、紅茶
・炭酸飲料、清涼飲料水

お菓子で糖質制限

糖質のかたまりのようなお菓子はもちろんNG。人口甘味料を気にしなければ、「糖質ゼロ!」、「ゼロカロリー!」とか書かれているものは血糖値を上げませんので食べてOKです。

cake

糖質の少ないOKメニュー

・低糖質のチョコレート(少量)
・こんにゃくチップス
・糖質ゼロゼリーなど
・糖質ゼロ和菓子など

糖質の多いNGメニュー

・スナック菓子、チョコレート、ケーキや和菓子など全般

やはりわかっていましたが、コンビニ一番の売り、お弁当、おにぎり、そしてスイーツはほぼNGです。しかし、ほとんどの商品の炭水化物量が一目でわかるのもコンビニの良いところ。賢く選んで頼りましょう。

当サイトでは、コンビニ以外にも、外食で糖質制限ダイエットをするコツや、家で食べるご飯でどんな食材を気にしたら良いのかをまとめています。トップページから確認いただくと、気になる糖質制限のダイエット方法にたどり着きやすいかと思いますので、まずは→糖質制限ダイエットのトップページからご確認ください。

コンビニで買える糖質制限商品の口コミ

寒くなると恋しくなるおでん

仕事の都合や料理が面倒などが理由で、コンビニを利用することがあると思います。糖質制限をしていると、コンビニでどんなものを選んだらいいのか迷いませんか。
あれもこれも食べてはいけないと考えてしまいがちですが、コンビニ商品でも食べらるものがたくさんあります。
寒くなると恋しくなるおでん。ちくわぶやお餅入り巾着は糖質が多いのですが、こんにゃく、卵、大根、がんもどきなどは糖質が少ない食品です。練り製品はつなぎに小麦を使っていて糖質が多いことがあるので気をつけましょう。
幕の内弁当などセットになっているお弁当は糖質が多いです。セットになっているお弁当よりも、単品を選べば糖質を制限できます。たとえば、サバの塩焼き、サラダチキン、ゆで卵、豆腐、枝豆、サラダなどは糖質が少ない食品です。
レジ横にあるフランク・揚げ物系も糖質が少ないです。ただし、から揚げは衣の糖質が多いので食べすぎないようにしたり、衣はとって食べることがおすすめします。

ファミリーマートのライザップコラボ商品

糖質制限ダイエットは有効なダイエット方法ですが、我慢する事が多く、なかなかしんどいものです。
糖質を摂ってはいけないけど、お菓子やラーメンもたまには食べたいと考えておられる方に、ファミリーマートのライザップコラボ商品がオススメです。
そのラインナップは、アイスクリームやどら焼き、クリームがたっぷり乗ったプリン、ラーメンやパスタなど、どれも食欲をそそるものばかり。
どれもこれも普通なら糖質が高いものばかりなのに、表示を見ると大幅に糖質が抑えられているのが分かります。
糖質が抑えられているから、美味しくないのではと思われがちですが、どの商品もめちゃくちゃ美味しいです。
その秘密は、エリストール。エリストールは天然由来の成分で、甘みがあるのに体に吸収されない特徴があります
そのおかげで、糖質が少なくても美味しいと感じる事が出来ます。
食べ過ぎには注意ですが、辛い糖質制限ダイエットを乗り切るための補助として、是非オススメです。

カットアンドスリム低糖質パンのプレーン

体重が6キロオーバーということもあり朝食はコンビニで買えるカットアンドスリム低糖質パンのプレーンを食べてます。見た目はサイズ的にも大きめなので食べた感がすごくあって脂質と糖質12.6gで食物繊維も豊富でエネルギーは240kcalなので健康維持には丁度いい朝食だけど飽きないようたまに少しだけチーズを塗ってみたりしながら工夫して食べてます。
その後すぐに運動をしてるんですけど軽いジョギング7キロ程度、ペースはかなり遅めです。一応昼食も軽めにしてるんですが、夕食はある程度は摂取するようにしてますので無理なダイエットはしてない方かなと思います。
工夫としては毎日これを続けて、たまに限界を感じるようなことがあれば昼食もしっかりと食べるようにしてるんですけど、無理に低糖質を続けてしまうと極度に眩暈などに襲われますので、鉄分や脂肪やたんぱく質などはなるべく摂取するように心がけていますが、体重も一ヶ月で3キロほど減りましたので続けています。

糖質制限麺

私の経験上、糖質制限するには自炊が一番だと思います。また、起床30分以内に朝食を食べると良いと聞いたので、これだけは死守しています!
私の朝食は、コンビニで売ってるブランパンと、副菜で納豆、冷奴、ゆで鶏のサラダ、ゆで卵、スープなどを食べてます。ちゃんとタンパク質をとらないといけませんから、ブランパンのみの朝食にならないように気をつけています
最近では、健康食品を取り扱っているスーパーなどで、糖質制限用の麺を売っているので、こちらもよく利用しています。
糖質制限用の麺は、パスタ代わりにつかったり、アジアン風のスープに入れたりしています。
糖質制限すると主食に困ってしまいがちですが、麺が食べられると料理のバリエーションも増えて飽きないし、とっても食べやすくて扱いやすいので、試したことがない方には絶対おすすめです。
個人的にはあまり難しく考えないで、多少糖質制限にならない食事をとったりしても、無料せず継続する事の方が大切だと思います。

タンパク質たっぷりのサラダチキン

私がオススメするコンビニで買える低糖質商品は「サラダチキン」です。理由としては、各コンビニやスーパーに必ずおいてあり、味もプレーンやハーブ等、いろいろな味があるため、飽きずに食べ続けることができるからです。
私が低糖質ダイエットをする目的は、ダイエットはもちろん、将来糖尿病にならないようにするためです。仕事柄、糖尿病の方と多く接するのですが、食事や運動の制限が多く、いろいろな我慢をされているのを目にします。
また、糖尿病が悪化し、透析(週2~3回必要)をするようになると旅行にも行きづらくなる等、日常生活を楽しむことができなくなります。そうならないためには、今から糖質を制限することが必要だと考え、低糖質ダイエットを始めました。
そんな中でよく利用したのがコンビニです。昼食をコンビニでとることが多いため、低糖質のパンやゼリー等、いろいろな商品を試しました。でも、口に合わなかったり、飽きてしまったり…しかし、サラダチキンは食べごたえもあり、毎日味を変えて楽しむことができます。皮膚や筋肉をつくるタンパク質もしっかりとることもできるため、低糖質ダイエットを始める方には摂取しやすい商品だと思います。

ローソンの糖質少な目のパン

近頃はコンビニでも健康的な食事がとれます。中でも糖質をコントロールすることができる食材が豊富に揃っています。
よく知られているのがローソンの糖質少な目のパンです。ブランを多く配合して血糖値を上げるのを防いでいるようです。実際に食べてみましたが、小さめに作られているものが多いですが、食物繊維が多く含まれるブランのおかげか、腹持ちが良いようです。
また、味付きのゆで卵や、鶏むね肉を加工したサラダチキン、魚の水煮の缶詰などは、糖質を控えるために多めにとりたいタンパク質として、手軽に購入できます。チョコレートなどもカカオ分が多く甘味のない物が買え、そこに定番のサラダを添えたら、バランスが良くデザートまでついた糖質オフメニューが完成します。
食品を購入する際には、表書きだけ見るのではなく、裏に書かれた成分表を見て確認することです。そこには食品に含まれている栄養分が細かく書かれています。それらを見て、何度かバランスのとれるメニューで買ってみて、商品を覚えておくと、旅行や出張などで家を離れたときでも、コンビニに立ち寄って、手軽に糖質オフメニューを作り上げることができます。

コンビニは糖質制限食の宝庫です

今や生活に無くてはならない存在となったコンビニですが、糖質制限を行う上でも非常に重要な存在となっているんですよ。何故なら、コンビニは安価に糖質制限食を取り揃えられる宝庫と言っても良い存在になっているからです。
例えば糖質制限食の王様と呼んでも良い鶏肉ですが、コンビニはこの鶏肉を程よい味付けに調理してくれたものが多く売られていますよね。味付けにもよりますが、基本的にそれらの鶏肉調理品は糖質が10gも含まれていません。それでいながらボリューミーですので、腹持ちも抜群なんですよ。何よりも200円前後で購入できるので、お財布にも優しかったりします。
またチーズもお勧めですね。チーズも基本的に糖質はほぼ含まれていませんので、いくら食べても大丈夫です。こちらも200円前後で購入できますので、単調な味付けに飽きた方には特にお勧めしたいです。
最後にゆで卵ですね。ゆで卵も糖質は含まれておりませんので、いくら食べても大丈夫です。これは100円未満で購入することが出来ますので、ちょっと小腹が空いた時などに重宝するでしょう。
他にもキャベツの千切りやおでんなども低糖質で食べられるものが多く、コンビニは糖質制限の際に絶対に重宝しますね。

ローソンの低糖質パンをご活用あれ!

ローソンの低糖質パン、お勧めです。ダイエット中といってもランチにおにぎり1個ではあまりにも寂しく物足りないですが、おにぎりを2個食べてはダイエットにならない。
そんな時に2個目のおにぎりをローソンの低糖質パンに置き替えてください。おにぎりの1個の糖質量は40~50g程。それに対しローソンの低糖質パンは1食で20gを切るものがほとんどです。
でもやっぱり2個目のおにぎりの代替と言えど、少し物足りない・・・。そんな時はカロリーは上がってしまいますが、甘い物系の低糖質パンを選択します。例えばスィートチョコロールであれば、デザート感もあり、締め感があります。
この締め感、実はポイントです。ランチは1時間で強制終了となりますが、一人暮らしの私には、夜の食事をついダラダラと続けてしまう悪癖がありました。夜に揚げ物を避けるなどしても、このダラダラ食が結局食事の総カロリーを上げていました。そこで夕食の締めもローソンのスィートチョコロール・・・、とはいかないので、夕食の締めはゆで卵1個と決めてみたら、割とある重量感とあの喉に詰まりそうになるパサパサ感が最後の咀嚼を促し、キチンと夕食を終えられるようになりました。秋はいい季節ですが、私のように誰にも咎められず、好きな時に好きな食事を摂れる独女には秋の夜長は服だけでなく、脂肪も厚くなる可能性アリ!です。このおにぎり2個目→低糖質パンは、劇的に効果があるわけではないですが、何と言ってもお手軽。是非トライして頂きたいです。
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2017年12月04日
生漢煎
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう