お酒を飲む前に食べたいサラダ!糖の吸収を抑えますし、酒の邪魔もしません。

スポンサーリンク

糖質ダイエット制限中なのですが、ビールが大好きな私は糖質70%オフのグリーンラベルを飲んでいます。

焼酎を飲んだり、ウイスキーを飲んだりが1番良いのですが、どうしても、最初はビールを飲みたいんですよね。ただし、もちろんつまみは糖質オフを食べます。特に、飲み始めるまえにサラダをがっつり食べるようにしています。おなかも満たされるので、飲むペースも落ち着きますし、糖の吸収も抑えられているはず。

逆に糖質はすくなくても、塩の焼き鳥とか、お刺身とかだとお酒に手が伸びてしまうので、やっぱりサラダが1番かなと思います。サラダを食べるのは、ダイエット目的以外にも効果があるんですよ!

飲み会の前にサラダを食べた方が良い理由

仕事の後や友達と遊んだ時、息抜きに1人で飲みたい時など、お酒に触れる機会が多い方もいらっしゃるのではないでしょうか。

飲み会

体質によってはいつまでもお酒が抜けずに悪酔いしてしまったり、二日酔いになってしまったりする事も。
また、おつまみにフライや肉類など脂っこいものばかり食べていませんか?飲み方によってはあまり健康的ではないかもしれませんね。そこで今日は飲み会の前に食べた方が良い、オススメのサラダをご紹介したいと思います。理由も併せてご説明しますので、皆さんの参考になればと思います。

ダイエットだけじゃない!二日酔いの原因も抑えるサラダ

お酒を飲む前にサラダを食べるとダイエットに良さそう…ということはなんとなく想像がつきますよね。

  • アルコールの吸収を抑える
  • おつまみの糖や脂質の吸収を抑える
  • アルコールのがぶ飲みを抑える

これらのことで、糖質の吸収を抑えたり、飲む量を減らしたり、他のつまみの吸収を抑えてくれたりします。

吸収を抑えたり、空腹時からのがぶ飲み防止になるので、二日酔いなども抑えてくれるのです。

飲み会の前にオススメのサラダ

サラダは飲み会の前にはとってもオススメです。ではどんなサラダがいいのか?何故飲み会の前に食べた方が良いのかをご説明します。

チーズ入りのサラダ
粉チーズではなく、カマンベールやモッツァレラがトッピングされているサラダにしましょう。チーズの脂質やたんぱく質は消化吸収に時間が掛かるため、アルコールの吸収も緩やかになります。

冷奴サラダ
サラダとは少々違いますが、肝機能を高めてくれるので大豆製品もオススメです。ビールと枝豆は理にかなった組み合わせですね。

梅干入りのサラダ
→最近は梅肉を使ったサラダやドレッシングを見掛けますよね。クエン酸にも肝機能を高めてくれる働きが。グレープフルーツやオレンジなどの柑橘類でも大丈夫ですよ。

オクラや山芋などのネバネバ食材
こちらも和風なサラダにはよく入っている食材ですよね。ネバネバ成分に含まれるムチンは胃の粘膜を保護してくれるので、胃に自信が無い方にはオススメです。

とにかく空腹時に一気に飲むというのがとても良くないので、極力何か食べてから飲むようにしましょう。ご飯を1口食べたり、コップ1杯の水を飲むだけでも構いません。「牛乳は胃の粘膜を保護してくれる」という説がありますが、アルコールを飲んでしまうと膜を洗い流してしまいますので、実は効果が無いのだとか。医学的な根拠も無いので、乳製品はチーズやヨーグルトにしましょう。

お酒は美味しく楽しく飲みたいですよね。出来れば翌日もスッキリ目覚めたいものです。健康面はもちろん、悪酔いして周りの人に迷惑を掛けない為にも、飲み方には充分注意してお酒を楽しんでください。

お酒に合うサラダ

【グリーンリーフとトマトとモッツァレラチーズのイタリアンサラダ】

  • 葉もの野菜
  • モッツァレラチーズ
  • トマト
  • 塩(あればクレイジーソルト)
  • 胡椒
  • オリーブオイル
  • 白ワインビネガー(少量)

作り方→全部混ぜるだけ!サラダですからね。

白ワインビネガーは糖質も入っているので気になる方は少量でも。しかしお酢には糖の吸収を抑える作用がありますので、気にしなくて良いとは思います。

食物繊維が豊富な葉物野菜に、お酒の吸収を抑える油、糖質の吸収を抑える酢、抗酸化作用の高いトマト。身近な食材でお酒の前にぴったりなサラダの完成です。

お酒の飲み方にも注意しましょう

ダイエットからはずれますが、辛い二日酔いにならないよう、以下のことも気をつけてくださいね。

居酒屋さんで寝てしまい友人に家まで送ってもらったり、ついつい愚痴っぽくなって雰囲気を悪くしてしまったり・・・心当たりはありませんか?お酒の種類はもちろん、飲み方によっても酔いの加減は変わってくるんですよ。

ちゃんぽん(数種類のお酒を飲む)
ワインにビールにウィスキーに日本酒など、いろんな種類のアルコールを1度に飲むと、分解の効率が悪くなってしまいます。肝臓は1種類のアルコールの分解は得意なのですが、数種類になると追いつかなくなってしまうのです。

飲むペースが早い
飲みやすいお酒や適度に冷えたお酒は美味しくてついつい進んでしまいますよね。特に安くてお気に入りのお酒は何本か買い溜めしていませんか?少しペースを気にしながら飲んでみましょう。

代表的な原因をあげてみましたが、体質も大きく関係しています。体質的に合わない方は、特に飲み方には注意が必要ですね。

スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2017年07月06日
生漢煎
ココナッツ豆乳
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう