糖類ゼロスイーツも危険?糖質中毒の原因と対策。

スポンサーリンク

糖質制限をするにあたっては、ご飯などの炭水化物や、砂糖を多く含む甘いお菓子などの摂取を控える必要があります。
しかし、「糖質中毒」という状態になってしまうと、炭水化物や甘いものなどを我慢するのが、なかなか難しくなってしまうようです。

糖質中毒の危険や対策

ケーキ

糖質中毒(糖質依存症)とは、無意識のうちに糖質を摂りすぎてしまう症状のことだと言われています。
糖質中毒になると、ご飯や甘いものなどを食べたときに幸福感を感じる一方で、しばらくそのようなものを食べずにいるとイライラしてしまう、という症状が出てしまうとされています。
糖質や甘味には、ドーパミンやエンドルフィンという神経伝達物質を分泌させる働きがあると言われています。これらの物質は、快感や幸福感を引き起こすものです。
快感や幸福感を得るために、糖質や甘いものを摂取するようになると、やがてはこれらに依存するようになってしまうと言われています。

健康的被害の原因にも

この糖質中毒、肥満の原因になるであろうことは、想像に難くありませんが、そのほかにも糖尿病や動脈硬化、細胞の老化などの原因にもなり得ると言われています。
また一説によれば、現代人は糖質を摂りすぎる傾向にある、とも言われているのだそう。
特に、イライラすると甘いものが食べたくなる人や、食事には白いご飯が欠かせないという人などは、糖質中毒になっていないか注意した方がいいかもしれません。

糖類ゼロのスイーツにも注意

糖質制限をしている人だけではなく、していない人にとっても、糖質中毒であるということは、あまり望ましいこととは思えないでしょう。
しかし、元々甘いものが好きな人が、お菓子などを我慢するのは辛いものです。そこで、人工甘味料を使った糖類ゼロのスイーツを代わりに食べている、という人もいるのではないでしょうか?
そのような食品を食べること自体は、必ずしも悪いとは言えません。しかし「日常的に食べる」のは、望ましくないことかもしれません。人工甘味料を使った、糖類ゼロのスイーツを食べすぎることが、逆に肥満の原因になり得るという意見があるのです。
人工甘味料を摂取すると、脳が「甘い」と感じているのにエネルギーが摂取できないという状態になります。そうすると、他の食べ物を食べ、そこからエネルギーを摂ろうとしてしまうと言われています。
たまに食べる分には大きな問題はないようですが、「糖類ゼロだから」といって、毎日食べるのはやめた方がいいようです。甘いものを食べることが習慣化してしまうことも考えられます。

また人工甘味料の中には、砂糖の何倍も甘い、というものもあります。そのようなものを摂取し続けていくと、徐々に甘味に鈍感になってしまう可能性があると言われています。
そのような状態になると、もっと甘いものが食べたい、という気持ちに際限がなくなってしまうかもしれません。こうなってしまっては、甘いものを控えるのがますます難しくなってしまうでしょう。

糖質中毒の対策

豆腐

では、糖質中毒になってしまったり、そのような状態に近いのでは?と感じたりしたら、どのような対策をとればいいのでしょうか?
まずは、タンパク質をしっかり摂るといいと言われています。
ダイエット中などで、カロリーの点から肉料理などを敬遠している人もいるかもしれません。しかし筋肉を落とさず、基礎代謝の高い体を作るためには、タンパク質は非常に重要だと言われています。脂身の少ない赤身の肉を選ぶほか、噛みごたえのあるステーキなどを食べるようにすると、満足感も得やすいでしょう。
肉や魚だけではなく、豆や乳製品なども積極的に食べることで、カロリー過多になることを防ぎつつ、タンパク質を豊富に摂取できそうです。
また、食後血糖値の上昇を抑えることも、糖質中毒の症状を改善するのに効果があると言われています。食事の際は、いきなりご飯などの炭水化物を食べずに、まずは野菜や海草など、食物繊維を多く含む食材を摂るようにしましょう。炭水化物の多い主食を食べるのは、食事の最後の方がいいと言われています。
もちろん主食に含まれる炭水化物だけでなく、甘いお菓子も我慢しなければいけません。どうしても口寂しくなってしまい、お菓子を我慢するのが辛い場合は、チーズやナッツなどの糖質をあまり含まないものを、お菓子の代わりに食べるといいようです。

毎日の食生活の見直しを

糖質中毒は肥満の他、生活習慣病などの原因にもなると言われている症状です。改善するとなると、甘いものが恋しくなるかもしれませんが、糖類ゼロのスイーツで代用するのではなく、タンパク質を多めに摂るなどの対策を心掛けた方がいいでしょう。
また、糖質制限をしている人の中にも、糖類ゼロのスイーツを愛用している人がいるかもしれません。主食や糖分をちゃんと控えているのに、痩せないなぁ…と悩んでいる場合は、そのような食品を摂りすぎていないかどうか、振り返ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年08月21日
生漢煎
ココナッツ豆乳
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう