糖質制限ダイエットクラブの中で話題になっている「生漢煎」。今回はミチタが1ヶ月トライしてみたので、その感想を綴って見たいと思います。

簡単に自己紹介ですが、私ミチタは35歳男性、極端なデブという訳では無いですが、年々体重は増加してきており、生漢煎を始める前はBMI24.7(太めというやつですね)でした。

michitakun

今はこんな私ですが、学生時代はスポーツをバリバリやっていて体脂肪率は14%ないくらい、食べても食べても体重は68kgを越えなくてむしろ増量に困っていた記憶すらあります。

そんな若かりし頃を過ごしていた私ですが、社会人になってからは太り続け最大83kgまでに。そこから糖質制限をはじめ、76kgまで落としました。しかし、そこから落ちないばかりか、79kg~80kgをうろうろする事に。
食べる量も糖質も相当意識しているのですが、いい加減ダイエットに疲れてきていました。

生漢煎を選んだきっかけ

まさにダイエットに疲れていたんですよね。コンビニに行っても糖質制限商品を自然と手に取りますし、好きな家系ラーメンも暫くご無沙汰。
仕事の合間に30分のウォーキングをしたり、飲み会でもおつまみには最新の注意を払う。

順調に体重が落ちていた時は良かったのですが、やがて下げ止まり、少し戻して落ち着いてからは本当に何をやっても納得の行く結果は得られませんでした。

理由を調べてみると、おそらく基礎代謝の低下が原因なんですね。

基礎代謝とは生命を維持するために必要な最小のエネルギー。基礎代謝量は成人で1日1200~1500キロカロリー、1日の消費エネルギーの6割~7割。年齢とともに低下する傾向がある。

この基礎代謝が食事制限、糖質制限をした事でさらに低下してしまったんだと思います。
つまり、この代謝が低い状況で残りの人生を過ごしていくとなるとさらに食べられない状況を受け入れるという事になります。

日頃からバカ食いしていれば、まだ受け入れられますが、本当に節制していましたから、もう本格的にこの代謝というやつに立ち向かうしか無かったというわけです。

代謝を上げる方法で一番確実なのはやはり運動です。特に高重量を扱う筋トレが大きな成果をもたらしてくれるという事も分かりました。
しかし、10分から30分の筋トレでも成果は見込めますが、きっちりやるとなると1時間~2時間は必要になります。

正直そこまで運動の時間は取れないという状況で、ウォーキング等は過去に取り組んだこともあり、そこまでの結果には結びつかなった経験がありました。
ダイエットのために特別な時間を割かなくて良い方法はないかと探っていく中でたどり着いたのが「生漢煎」でした。
友人も使っていて成果があったと聞いていたので代謝を高める漢方「生漢煎」をトライしてみることにしたという事です。

生漢煎初回50%オフはこちらから

生漢煎の購入を迷っていた事と解消した理由

正直、購入する前は効果に対して不安はありました。過去にもカプサイシン系のサプリメントを試したことはありましたが、1ヶ月では何も実感できなかったですし、アミノ酸系の燃焼系ドリンクも残念な結果でした。

値段は一日あたり約140円。決して出せない金額ではありません。ただ、それも成果次第ですよね。
そんな事を考えながら一瞬ためらっていましたが、奨めてくれた友人が、「そもそも第2類医薬品だし」と…。

どういうこと?と詳しく聞くと、今まで試してきた商品は、サプリメント(健康補助食品)や清涼飲料水だというのです。
自分でも調べてみましたが、確かに清涼飲料水と書いてあります。カプサイシンのほうに至っては大々的にCMで宣伝してたくせにもう販売すらしていません。

さらに生漢煎のウェブサイトを見てみると、
「これはサプリメントではなく、効能効果が認められた満量処方のお薬です」との記載がありました。

ダイエット歴も早5年ですが、遂に薬にまで到達したかと感じましたが、正直期待感でいっぱいになりました。

そうなると納得していたはずの金額についてです(男に二言はあります…)。一日あたり140円という事ですが、これも類似品の中では一番安く満量処方(一日に摂取できる最大量)になっているので間違いないと聞きクリアになりました。

生漢煎に頼るしかないと決断

30shoukansen

こんな経緯で生漢煎を1ヶ月トライしてみることになりました。仕事も忙しく、正直運動する時間も作れない、生活のリズムを整えるにしても同僚、妻、子供といろいろ考えると現状で精一杯、1ヶ月お試ししてみるのに、何のハードルも無くなりました。

代謝を上げて体質改善できれば少しは食事も緩い考えで向き合えるでしょうし、常に体型・体重の事を気にしなくて良くなればストレスも相当減ると思っていました。それくらい、ダイエットが重荷になっていたんですね。

生漢煎を1ヶ月試した経過報告

実際に1ヶ月試した際のメモをまとめました。毎日体重計に乗るのはダイエットの本等でもよく書かれているので忠実に守ってみました(もしイマイチだった時に友人に見せるよう)。

1日目 79.2kg 勿論変わるわけない。
2日目 79.2kg すぐに変化はないと聞いていたから大丈夫
3日目 79.1kg 日々の変動範囲
4日目 79.1kg なんとか飲み続けよう
5日目 79.2kg 誤差範囲だけど増えるのは辞めてくれ
6日目 79.0kg このくらいは何もしなくてもたまに行く数字
7日目 78.8kg 便がよく出るからその分減っている感じ
8日目 78.8kg さらに減っているかと思いきやそのまま
9日目 79.1kg 前日は無念の飲み会
10日目 78.9kg 200gでも減って良かった
11日目 78.9kg まあまあ
12日目 78.9kg スタートから300gしか変わってないのですが
13日目 78.8kg 100gでも嬉しい
14日目 78.8kg まだ誤差って感じかな
15日目 78.7kg ここで半分。ちょっと不安になってくる
16日目 78.8kg 飲み会だったわりには増えなかった
17日目 78.6kg 200gはすごい事ですね。
18日目 78.6kg 維持
19日目 78.7kg 100g増えたけど仕方がない
20日目 78.6kg 行ったり来たり感
21日目 78.3kg 初の300g減少!
22日目 78.2kg スタートから1kg減。
23日目 78.0kg さらに200g嬉しい。
24日目 78.1kg 100gなら許す
25日目 78.0kg 78kgはやはり固い
26日目 77.8kg 1年ぶりの77kg台
27日目 77.8kg もう満足できる結果だけど
28日目 77.7kg さらに100g。スリーセブンで縁起も良い
29日目 77.6kg ゾロ目じゃなくて残念と余裕見せる
30日目 77.7kg ゾロ目に戻る…

という事で、79.2kgから77.7kgとなり1.5kg減という結果になりました。この段階ではまだ全然「太め」というカテゴリーですが、飲むだけでこの結果は大満足です。

何よりもう1年以上切ることのできなかった78kgの壁を越えられたので、感謝感激でした。

明確な体の変化

これは体温です。昔から平熱が低めで36.3℃だったのですが、なんか体が暖かいなと感じて26日目に測ってみたら36.8℃だったんですね。まさに代謝が上がっているという事を確認できたので体重減少とともに、効果を実感できたポイントでした。

生漢煎1ヶ月チャレンジのその後

その後も体重は減少していき、75.8kgまでいき、維持しています(75kg台は9年ぶり)
生漢煎は1ヶ月分しか購入していなかったのですが、1ヶ月チャレンジの終盤で購入し、4日間あいてしまいましたがもう1ヶ月飲みました。

さらに2ヶ月目からは、1日30分(週3,4回)の筋トレも行うようになりました。というのも代謝が脂肪燃焼に大きく関係しているという事を自分の体で実感できたからなんですね。
折角のこの良い流れを止めたくないという想いもあり、本当に軽くですが、始めてみました。

3ヶ月目からは生漢煎を辞めてみましたが、特に問題もなく体温はなんと37.0℃が平熱になっています。

基礎代謝が高いので、常に脂肪が燃焼している感じがするというのが言い過ぎではなく感じている感想です。

30代から基礎代謝が著しく下がるなんていうデータも目にしましたが、完全に逆らえている気がして気持ちいいです。

今回のレポートはここで終わりにしますが、生漢煎は正しいダイエットのアプローチ方法を教えてくれたと思います。

こういった商品は100円とかから試せないのがネックですが、生漢煎は1ヶ月「限定」購入ができるので、初期投資が少なくて済みますし、いつでも再開できます。1日140円ならどうにでも捻出できますしね。圧倒的にオススメです。

グダグダ言っていた私が言うのも変ですが、グダグダ言わずにトライで正解ですよ。

生漢煎初回50%オフはこちらから