低カロリー・低糖質なウォルデンファームスのシロップをレビュー

糖質背制限のダイエットを行うと、どうしても我慢が必要になるのが「甘いもの」。菓子パンや、甘いアイスなど、たまには解禁して食べたいものです。今まで甘みが欲しいときは血糖値の上昇が穏やかになる「オリゴ糖」などをたまに使ったりしていたのですが、なかなかそれだけあっても甘いお菓子やデザートを食べるのとはほど遠い…。

そこで試してみたのがウォルデンファームスのシロップです。ウォルデンファームスとは、アメリカの糖尿病学会からも推奨されている食品のメーカー。糖質はもちろん、カロリーも脂質もほぼ無い商品なのでダイエット中の方に人気です。今までドレッシングは使っていたのですが、シロップは試していませんでした。なにせ「シロップ」って日本人にはあまり馴染みがないですよね。笑 とはいえ若干涼しくもなり甘いものが恋しい季節になって来ましたので、思い切って買ってみたわけです。そんなウォルデンファームスのシロップ、使ってみてどうだったのかこちらで紹介したいと思います。

ウォルデンファームスのシロップを使っての感想・レビュー

wf-s006

ウォルデンファームスのシロップ、何が凄いかというと1回の使用量(30g)がたったの1kcal!しかも糖質もほぼありません。購入してみたのは「スイーツ3種セット」。ちなみに写真にはドレッシングも写っていますがこれは一緒に単品購入した「イタリアンドレッシング」です。サウザンしか持っていなかったのでこちらも購入してみました。シロップに関してはこの写真にのっている、チョコレート味、ストロベリー味、キャラメル味、そのほかにパンケーキシロップ味というのもあります。前者3つならセット購入ができますし、単品でもそれぞれ購入可能です。

ウォルデンファームスシロップの購入を躊躇した良くないポイント

購入してみるまでに躊躇した点が二つあります。1つは「使い道」。もう1つが「値段」です。

「使い道」…というのは、シロップを使うシーンが想像できなかったのです。日本人にはなじみが薄いシロップ。「パフェにかける?」くらいしかイメージがありません。。しかも、なかなかしっかりと量があります。355ml(缶ジュース一本分くらいですね)の量もシロップを使いきれるのか!?という不安も芽生えました。

「値段」…1本あたり1,440円しますので安い買い物ではありません。いくらカロリーが1kcalでもそれはちょっと躊躇してしまいますよね。この2点は買うまでに迷った点でした。何はともあれということで今回は購入をしてみましたので、こういった懸念点も踏まえてレビューしてみたいと思います。

シロップの味は美味しい!?食べてみてのレビュー

金額と、使い道が懸念点と書きましたが、とはいえ、問題は味です。美味しくなければ、いくらカロリーが低くても意味がありません。…ということで、それぞれのシロップを試してみました。

サイトで「お得な3本セット」(とイタリアンドレッシング)を購入。前回は佐川男子がもってきてくれましたが、今回は宅配ボックスに入っていました。(スーパー余談ですが、右上の赤文字「ドン!」って書いてあるのかと思って謎だったのですが、よく考えたら「ビン」ですね。)

wf-s002
中身はしっかりと梱包材が詰まっています。

ウォルデン

あけてみると、けっこうしっかりしたサイズのシロップたちが。右からストロベリー、チョコレート、キャラメル。1番左はドレッシングです。

シロップ

近くのコンビニで適当に合いそうなものを買ってきます。今回そろえたのは、無糖ヨーグルト、糖質の少ないローソンのブランパン、ヨーグルトアイスです。ちなみに本当はカロリーコントロールアイスを買ってこようと思ったのですが、見つからず取り合えずカロリーの低い(120kcal)アイスを買ってきました。

チョコレートシロップで菓子パンが!

まずはチョコレートシロップです。こちらはブランパンと一緒に試してみることに。
チョコレートシロップ

開けてみます。匂いは完璧にチョコレート!あの「ハーシー チョコレートシロップ」の匂いです。ドロッとした見た目もまさにハーシー。あまりにチョコだったので思わず「チョコだ!」と当たり前のことを口走ります。
チョコだ!

ブランパンをつけて食べてみましょう。ちなみにブランパンは糖質2.2gで、67kcal。シンプルなパンがカロリーや糖質はほぼそのままにどう変わるのか楽しみです。

チョコパン

味は…まさに「チョコパン」でした。…なんと言ったら良いでしょうか、おとなのチョココロネといった印象。すこしチョコレートに酸味がある気がしますが、そこまで気にするほどではありません。

無糖ヨーグルトかストロベリーヨーグルトに!

どんどん行きましょう。次はストロベリーシロップです。

ストロベリーシロップ

蓋をあけて匂いをかいで見ると、かなりしっかりイチゴシロップの匂いが!子供に帰ったような懐かしい香りがします。

合いそうなヨーグルトにかけてみました。

ストロベリーシロップ

はい、まんまストロベリーヨーグルトです。あのコンビニとかで売っているカロリーも糖質も高くなるから買えないでいた甘みのあるヨーグルトです。この、普段あきらめていたものが食べられるという感覚、嬉しいですね。

キャラメルシロップはコーヒーにもおすすめ!

最後にキャラメルシロップです。残りもののヨーグルトアイスに合わせてみましょう。

キャラメルシロップ

まずは匂いをかいで見ます。第一声は「スタバの匂いがする!」でした。飲んだことがある人は分かると思いますが、「キャラメルフラペチーノ」とか、「キャラメルラテ」とか、完璧にあの匂いがします。

さて、ヨーグルトアイスとの相性はどうでしょうか?
キャラメルシロップ

「おっと?微妙に合わない…」…もはやヨーグルト味ととキャラメル味の時点で予想はしていましたが、まったく合いません。笑 

この後も色々試してみましたが、キャラメルシロップに合うものは、パン、カフェラテが良いですね!得にカフェラテは、あきらめていたスターバックス味が楽しめて大満足。これは美味しい。

スタバのキャラメルラテ風

使い方次第で様々なスイーツに!

最初は懸念点であった「使い勝手」ですが、おもったよりも多くありそうだということがわかりました。

たとえばヨーグルトに甘さを出したいときにイチゴシロップを使えば、市販の「ストロベリーヨーグルト」になりますし、アイスにかければ「チョコレートアイス」や「キャラメルアイス」のように。さらに糖質の少ないパンにつければ菓子パンに生まれ変わります。案外使い勝手がありますよね。

甘い飲み物もできます。ヨーグルトと水とストロベリーで「ストロベリーヨーグルトドリンク」になったり、チョコと牛乳にストロベリーを少し足してシェイクすれば「ストロベリーチョコシェイク」です。もちろん「キャラメルラテ」も再現できます。

値段で納得できたら購入をおすすめします。

美味しいし、使い勝手もよさそうなことは分かりましたので、あとは個々で値段に納得がいくようであれば購入してみると良いのではないのでしょうか。

私の場合は、運動も嫌いだし、一食置き換えダイエットのような我慢も嫌だし、お腹に巻くようなダイエット器具も信頼できないし、サプリメントもこんなの効かないだろ…と思ってしまっている人間なので(同じような人多いのではないでしょうか?)、普段の生活の質を落とさず、使うものを換えるだけ!という手軽さが気に入りました。新たに何かダイエット商品にお金を使うことを考えたら安上がりだと思います。

私のような運動が苦手な人、我慢が苦手な人にはおすすめできるので、気になった方は一度お試ししてみると良いんじゃないかと思います。

公開日:
最終更新日:2016年09月02日
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール