ウォルデンファームスと普通のドレッシングのカロリーを比較してみた。

スポンサーリンク

市販のドレッシングと比べてカロリーや糖質、脂質が圧倒的に低いウォルデンファームスのドレッシング。このページでは、どれほど市販品と差があるのか一覧で比べてみました。

1食分でのカロリーカット量も大変なものになりますが、1年間続けると約33,000kcalもの差になるようです!ダイエットに励む方全員へおすすめできる商品だと思いますので、是非一度ご覧ください。

ウォルデンファームスと市販ドレッシングのカロリーを徹底比較!

ドレッシング

このウォルデンファームスのドレッシング、具体的にどのくらいどのくらいカロリーが低いのかというと、一回の使用量あたりのカロリーがたったの5kcalとのこと。

しかし、ドレッシングってそもそもどれくらいカロリーがあるかよく解らない人も多いのではないでしょうか?

サラダって基本カロリーが低いものだし、そこまで気にする必要ある?と思いますよね。

そこで、市販のドレッシングと徹底的に比較をしてみたいと思います。比べるのは、スーパーなど一般的に売っている日本の有名商品です。

ドレッシング

サウザンアイランド、イタリアンドレッシングの比較

ドレッシングの1回使用量30gでのカロリーを見比べてみましょう。

ドレッシング名称 市販品 ウォルデンファームス カロリーの差
サウザンアイランド 108kcal 5kcal -103kcal
イタリアン 62kcal 4kcal -58kcal

サウザンアイランドドレッシングを使う場合、103kcalの差が。そしてイタリアンドレッシングを使う場合は58kcalの差があります。見て解る通り、圧倒的に違いますね。

一般的なドレッシングとの比較

しかし、普段サウザンアイランドなんて使わないという方も多いのではないでしょうか?和風や中華味など、コンビニで一般的に販売されているドレッシングとも比較をして見ましょう。カロリーは同様に日本の有名商品を参考にしています。

次は、よく使うドレッシングで比べてみます。

ドレッシング名称 市販品 ウォルデンファームス カロリーの差
シーザードレッシング 140kcal 5kcal -135kcal
フレンチドレッシング 76kcal 5kcal -71kcal
和風ドレッシング 72kcal 5kcal -67kcal
中華ドレッシング 72kcal 5kcal -67kcal
オニオンドレッシング 68kcal 5kcal -63kcal

和風ドレッシングや中華ドレッシング、シーザーサラダなどのドレッシングを比較してみました。これらのドレッシングを見比べても、ウォルデンファームスのカロリーの圧倒的な低さがわかります。

ダイエット中ですと、毎日サラダを食べているという人は多いはず。毎日食べるものであれば、そこで良質ではない油や、無駄なカロリーは摂取したくありませんよね。ダイエットしているのにイマイチ成果がでないという方は、こういった商品を使ってみても良いかもしれません。

実際に商品を購入してみたレビューもありますので、「どんな商品が届くのか?」「食べてみた感想」などを知りたい方は参考にしてみてください。
⇒ ウォルデンファームスのサウザンアイランドドレッシングをレビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2016年09月02日
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう