糖質制限中だけど白米が食べたい!の要望をかなえてくれるこんにゃく米!

スポンサーリンク

白米。それは日本人の心の友です。美味しい白米とおみそ汁と焼いた魚があれば、それ以上の贅沢はありません・・・。
炭水化物

しかし、糖質制限ダイエット中は、そんな日本の友を無視しなくてはいけないという悲しい現実に直面します。長い間一緒にいただけに、やはり白米とのお別れというのは悲しくもあり、同時に申し訳なくもあります。そんな白米をどうにか食べれる方法はないか??ということで、糖質ダイエット中でも食べれる白米を探してみました。

糖質制限中だけど白米が食べたい!の要望をかなえてくれるこんにゃくごはん

私も色々試しましたが、やはりご飯と混ぜて炊くため、普通においしく食べられます。もちろんご飯の分は糖質量も摂取してしまうのですが、それでもおいしくお米が食べられるなら嬉しい限りです。

ダイエットや糖質制限中の方にオススメの蒟蒻米。減量するのは辛いですし、麦飯や玄米、五殻米が苦手な方もいますよね。だからといって白米だけというのはちょっと抵抗があるかと思います。これから使用を考えている方のために蒟蒻米の口コミをご紹介したいと思います。炊飯器いっぱいに炊いてみたら「自分の口には合わなかった」なんて事になったらもったいないですよね。味や匂い、食感など、気になるところをチェックしてみましょう。

こんにゃく米の口コミ

調理は?味は?アレンジは出来る?など、まずは良かった意見から見ていきましょう。

よかった点

  • 普通のお米と変わらなかった→味は普通のお米と同じで、蒟蒻米に変えたことに家族の誰も気づきませんでした。
  • 無農薬タイプもあって安心→蒟蒻米は無農薬の商品もあるから美味しく健康的に食べられて安心。
  • ダイエットも続きそう→普通のお米の味と変わらないので、ストレス無く続けられそうです。
  • 蒟蒻が嫌いな人でも食べられる→蒟蒻の独特な匂いがしないので、蒟蒻嫌いの主人でも食べられたみたいです。ダイエットにも成功。
  • 調理が簡単→特別な事をしなくていいので簡単に糖質制限、ダイエットが出来る。主婦としては助かります。

リゾットやチャーハン、炊き込みご飯などにしても味が変わらず美味しいそうです。ほぼ白米と変わらず調理も味も楽しめるのではないでしょうか。糖質制限では特に「味に飽きてしまう」という事が多いですが、蒟蒻米でしたらその心配も無さそうですね。

あまり好きになれなかった方もいるようです。どういった点が気になったのでしょうか?

評価が悪かった点

  • 蒟蒻の匂いがする→冷凍した蒟蒻米を解凍したら、すごく匂った。冷凍するときは蒟蒻米を減らさないといけない。
  • 値段が高い→味は問題無いが値段が高い。せっかく始めたのに、続けるのは厳しいと思った。
  • 特に効果を感じなかった→ダイエット目的で数ヶ月試してみたけど効果が無かった。ただ太った訳でもないので、白米のみのご飯よりは良いのだと思う。
  • 水の加減が難しい→白米の要領で水を入れるとかなり軟らかくなってしまい、かといって少なくすると白米が硬くなってしまう。
  • ポロポロで美味しくない→おにぎりにはとても向いていません。お茶碗で食べてもパサパサで美味しくなかった。

味や食感ももちろんですが、お値段が気になった方もいるようですね。やはり長く続けたいものですので、コストが掛かるものは好まれないようです。効果が感じられないという評価も多いですが、体質やその他の食生活に個人差があると思うので一概には判断出来ないですね。
匂いは調理法によるみたいですが、冷えたご飯を温めなおしても蒟蒻の匂いがするそうです。苦手な方は食べづらいかもしれませんね。

良い評価も悪い評価もありましたが、健康に良いことに変わりはありません。ストレスにならない程度に続けてみてはいかがでしょうか。血糖値が気になる方でも、これならご飯を楽しむことが出来ると思います。蒟蒻米で是非健康的な食生活を送ってください。

以下は白米の代わりになるこんにゃく米商品紹介です。それぞれ糖質量や味が異なるので選んでみてください。

こんにゃくごはん

gohan

商品名 糖質
ごはんこんにゃく 0.15g 一食150g

商品URL→http://www.toushitsuseigen.com/products/detail45.html

その名のとおり、こんにゃくで出来たご飯です。原材料となるこんにゃくは、「カロリーほぼゼロ」。糖質もほぼありません。この商品も150g食べても、「カロリー:11.6kcal」。糖質はたったの「0.15g」。つまりご飯の半分をこの「ごはんこんにゃく」にして炊けば、糖質は半分にカットできるわけです。

さらに、おかず多め、ご飯の量は半分に減らせば、糖質は1/4に!

こう考えるとなかなか優秀です。各社からこんにゃく米って出ていますが、たとえばマンナンヒカリなどは糖質がそれなりに高いんです。使っているこんにゃくいもの種類によるんでしょうか?つくる工程の差なんでしょうか?ちょっとわからないのですが、糖質もないコンニャク米を選ばないと意味がありませんので、色々調べてみましょう。

こんにゃくふっくライス

pr_07

商品名 糖質
こんにゃくふっくライス 8.1g 一食120g

お湯を注ぎ、レンジでチンするだけでホカホカしたご飯のようになるコンニャク米。炊飯器で炊く必要がないので、1人暮らしにもおすすめです。一食あたりの糖質が前者の「こんにゃくごはん」と比べると大分多い気がしますが、そのかわり白米と混ぜて炊く必要が無いので、結果的にこちらのほうが低いかもしれません。
商品URL→http://www.toushitsuseigen.com/products/detail37.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年11月02日
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう