低炭水化物メニュー。糖質が多い調味料は使わずに旨みと辛味で作る麻婆ナス。

スポンサーリンク

中華料理の甘辛いメニューって美味しいですよね。

ただし、和食や東南アジアの国は砂糖をよく使う文化。中華料理も例外ではありません。

マーボーナスも、辛味と甘味と旨みがしっかりしたものが美味しいのですが、甘味は抑え目にしましょう。

■“砂糖、みりん、オイスター、コチュジャンなどを使わない!”麻婆茄子
マーボーナス
<材料>
・豚挽き肉
・なす
・ネギ
・生姜
・ニンニク
★豆板醤
★味噌
★お酢
★醤油
★和風出汁
★中華出汁スープ
・ごま油
・山椒、花椒
・ナツメグ

<作り方>
1 ナツメグの粉と山椒をかけたひき肉を薄く油をひいたフライパンで炒めます。粗めのみじん切りにしたネギを入れて火が通ったら一度おさらにはけます。
2 余分な油を取り、新たにごま油をフライパンに入れて、生姜、ニンニクを炒めます。ニンニクの香りがしたら水気をきった茄子を投入。ちょっとしんなりするまで炒めたら(1)のひき肉をいれます。
3 ★を混ぜたものをフライパンに入れ、水気が少なくなるまで炒めます。最後に山椒をお好みで振りかけ、香りづけのごま油をたらしたら完成。

本当は、「コチュジャン、甜麺醤、オイスターソース、みりん、酒」を入れたほうが断然美味しいのですが、ダイエット中は諦めましょう。出汁の旨み&香辛料で味に深みを出せば十分に美味しいです。また、茄子にしっかりごま油で香りをつけるのも甘味がでるので大事ですよ。

また、調味酒を使わない分、お肉の臭みを出さないように、肉は最初に炒めて余分な油をとる、ナツメグ、山椒など香辛料をかける、ネギ、生姜、ニンニクを入れる・・・などはきちんと行いましょう。

あと、最後の香りづけのごま油は、片栗粉でとろみをつける代わりの艶出しにもなりますし、美味しいのでかけているのですが、油控えたいかたは止めておきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2013年10月18日
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう