「ミューズリー」とは?低糖質で低GI!糖質制限の味方シリアル「ミューズリー」の効果と食べ方

スポンサーリンク

最近健康食品として話題になっている「ミューズリー」ですが、皆さん食べたことはありますか?

栄養がとっても豊富なので美容やダイエットはもちろん、健康管理のために食べ始める方が多いようです。まだあまりメディアへの露出は少ないですが、ミューズリーには魅力がいっぱい。早速明日から食べたくなるミューズリーの魅力をご紹介したいと思います。

また、このサイトで紹介でするという事で勿論、糖質制限ダイエットにも上手に使うことが出来ます!

忙しい朝にもサッと食べられるので、お料理が苦手な方にもオススメですよ。

糖質制限ダイエットの主食におすすめなミューズリー

ミューズリーとは、オート麦が原料になっている、いわゆるグラノーラのようなシリアル。牛乳をかけて食べるのが一般的です。

シリアルの比較表

グラノーラやコーンフレークはよく見かけますが、ミューズリーと何が違うのでしょうか?

まず、ミューズリーの糖質はとても低く、それも低GI食品に分類されます。グラノーラと比べてもこんなに糖質量が違うんですよ!

ミューズリー一食分の糖質量:12g
グラノーラ一食分の糖質量:33g

似たようなイメージのグラノーラですが、3倍弱も異なるんですね。

またグラノーラとは違い、油を使って焼くという行程が無いのでカロリーが控えめなのも嬉しいです。しかも焼き上げるのではなく乾燥させて作られるので、栄養が熱に負けてしまうということもありません。糖質制限の際に気になる栄養バランスの心配も、ミューズリーなら必要ないのです。

ミネラルやビタミンも豊富!栄養満点なミューズリー

ダイエットというと、とにかくカロリー制限をしてしまう人がいると思います。ただ、極端に食べ物を抑え、運動ばかりしてしまっては体調を崩してしまうかもしれません。
短期間の成果を望むのであればそれでも良いのですが、計量を控えたボクサーでもない限り、無理して良いことはないでしょう。

ミューズリーにはビタミンやミネラルが豊富に含まれているため、栄養バランスを乱す事無く健康的なダイエットが可能です。特に女性は貧血の方が多いので、栄養面には気を配りましょう

白米とミューズリーの比較

白米と比較してもこんなに栄養が!特に食物繊維が多いのが分かりますね。

ミューズリーの豊富な食物繊維で便秘解消でスッキリ

ドライフルーツやナッツなどいろいろな食材が入っていますが、特にオーツ麦に食物繊維が含まれているのも特徴です。食物繊維が多いので、便秘で悩んでいる人にも嬉しいですね。便秘を解消し、腸内の環境を整えるだけで体重が数キロ落ちる方もいます。

ただ、食べ過ぎると下痢をしてしまうこともありますので、体調と相談しながら量を調節していってください。

ミューズリーのビタミンBで美肌効果も

栄養豊富なミューズリーには、もちろんビタミンBも含まれていますビタミンBはお肌の細胞を健康に保つ効果があるので肌荒れが気になる方には特にオススメです。肌荒れは便秘や乾燥ですぐに起きてしまいますよね。便秘を解消しつつお肌の細胞も健康的に。ミューズリーはまさに美容に特化した食事なのではないでしょうか。

ミューズリー

糖質制限だけじゃない!砂糖フリーでアンチエイジングにも効果が

美肌はもちろん、お肌の酸化を防いでくれる効果もあります。
ミューズリーには、酸化の原因となる砂糖が使われていないのが嬉しいですよね。また、豊富なミネラルが体のサビをとってくれるので、シミがくすみが気になってきた方はミューズリーでミネラル補給をしてみてはいかがでしょうか?

ミューズリーの食べ方や注意点

ここまで利点を中心に紹介してきた女性の味方のミューズリーですが、せっかく食べるのなら効率的に健康的に続けたいですよね。

そこでミューズリーの食べ方についてご説明しますので、始める方は参考にしてみてください。注意点もしっかりご確認ください。

ミューズリー食べ方

お腹が弱い方は食べ過ぎに注意する

先程も書きましたが食物繊維がとても豊富なため、食べ過ぎると下痢をすることがあります。食べ過ぎると逆に太ってしまうことも。

主食の置き換えるなら1日1食か2食に

ダイエットに焦るあまり、3食全てミューズリーにしてしまうのは良くありません。置き換えるなら2食までにしましょう。他の食事からの栄養素も大切ですよ。

胃が弱い方は食べ方を工夫しましょう

朝食に置き換える方が多いと思いますが、朝から冷たい牛乳にミューズリーの食物繊維は胃に負担がかかることも。牛乳は常温にし、置き換えるなら昼食か夕食にするなど工夫をする事が大切です。

美肌にダイエットに大活躍の「ミューズリー」。年齢が気になってきた方にも是非オススメです。牛乳だけではなく、豆乳やヨーグルト、ハチミツやお好みのフルーツを加えるなどして飽きの来ないよういろいろ試してみてくださいね。

急激に体重が落ちるわけではないので、まずは1ヶ月試してみましょう。リバウンドを防ぐためにもゆっくり確実に、そして健康的なダイエットを心掛けてくださいね。

シリアルに興味を持ったという人はこちらの記事「ダイエット中はOK?シリアルの糖質やGI値」も確認してみると役に立つと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2016年02月28日
  • アヤ子とミチ太
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう
  • 外食の糖質制限術