栗渋ポリフェノールの効果やとは?血糖値に効果あり。

スポンサーリンク

ダイエットしたい!!でも甘い物は止められない。止まらない。ダイエットに効くという物は数多くありますよね。日常的に○○ダイエット、△△ダイエットと流行のように巷では“ダイエットネタ”が溢れていてその食材がメディアに取り上げられると、たちまちスーパーの陳列棚から消える!!なんてこともよくあります。

ダイエットしたいけど、この食欲は止まらないし、まず何が効果的なのかな?どうしたらいいの?!と思われている方も多いのではないでしょうか。

実は私自身もそのひとりです。できれば安心&安全で、できる限り簡単にできるものがいい。ときっと誰もが思うことですね。今回は今話題の気になるあの成分にスポットをあててみたいと思います。

栗渋ポリフェノールがダイエットに?!

kuri

“ポリフェノール”といえばワインやチョコレートなどに含まれていることは有名ですね。実際、ポリフェノールの正体はいったい何なのか…。

ポリフェノールは、動物には存在しません。植物の生体成分でフロボノール、イソフラボン、タンニン、カテキン、ケルセチン、アントシアニンなどの物質総称のことをいいます。

自然界のほぼすべての植物に含まれていると言われていますがポリフェノールの種類は何種類くらいあると思いますか?その数はおよそ5000種類以上にも及ぶといわれています。ものすごい種類がありますよね。光合成によってできる色素成分や、渋味・苦味成分で植物細胞の生成、活性化などを助ける働きをもちます。

ポリフェノールの効果

女性

このポリフェノールは種類によって働きや効果はそれぞれ違いますが、どのポリフェノールにも共通する働きがあります。

それは「抗菌作用効果」「抗酸化作用効果」です。実際私たちの身体にどのような影響があるのでしょう。

抗菌作用

まず第1に抗菌作用は、植物が自然の脅威から身を守るための力。例えば、食中毒が流行ったときに緑茶が注目されたのは、緑茶ポリフェノールであるカテキンに抗菌効果があったから。このような植物の力もポリフェノールの特徴です。

抗酸化作用

コレステロールの酸化を抑制する働きや、活性酸素の働きを抑えるという作用があります。活性酸素とは、常に体内で発生しており、私たちが普段生活している中でストレスや紫外線、排気ガスなど生活環境も活性酸素の発生原因になっています。これにより体内にも悪影響をあたえ、老化現象を引き起こすといわれている物質を抑える働き。細胞の老化防止効果により、シミやしわ、たるみなどのお肌トラブルからも守ります。女性にとったら救世主のような働きをしてくれるポリフェノール。

肝心なダイエットの効果的にはどうなのでしょうか?

今話題の栗渋ポリフェノールって一体なに?!

kuri

ポリフェノールの中には、ダイエットに効果があるといわれている種類のものがあります。その中でも、今注目のものが“栗渋ポリフェノール”。聞いたことがない方も多いかもしれません。

「栗渋」とは栗の渋皮のことです。栗の渋皮は、栗の一番硬い殻を剥くと栗全体を覆っている茶色の薄い皮がありますよね。それが渋皮です。栗を剥いてそのまま食べる場合、なんの躊躇もなくその渋皮は剥いて栗の実を食べる方が多いのではないでしょうか。栗渋には多機能のポリフェノールが含まれており、“栗渋煮”という渋皮がついたまま調理する方法もありますが、苦味の強さから食材としては適さないので食材として利用されることはほぼ無く、廃棄されているのが現状です。この栗渋から取り出した物質を「栗渋ポリフェノール」といいます。なんと!!この捨ててしまっていた渋皮に驚くべき効果があったのです

血糖値の上昇を抑える栗渋ポリフェノール

栗渋から取り出した物質に「食事時、血糖値の上昇を抑える効果」があることがわかったそうです。なぜ、栗渋ポリフェノールが血糖値の上昇を抑えることができたのか。それは、デンプンの消化酵素のアミラーゼの働きを阻害して抑えてくれるからです。

デンプンが消化されないということは、炭水化物の体内吸収を抑制してくれる…ということ。炭水化物が食べても、身体に吸収されにくいのです。

血糖値の上昇を抑えることが出来るということは、ダイエットができるということです。なぜ、“血糖値の上昇を抑える効果がダイエットにつながるのか?”を知っておきましょう。

私たちがご飯、パンなどの炭水化物を口にすると、体内ではブドウ糖ができます。このブドウ糖は、脳や筋肉などの細胞の中に取り込まれエネルギーになります。身体にとってはなくてはならない大事な栄養源です。しかし、消費されなかったブドウ糖は体内に吸収され、脂肪に変わります。これが、腹腔内の脂肪細胞に蓄積されるのです。日常生活で、肉体労働や、運動の多い方などは消費カロリーが多いので蓄積されるより消費する量の方が多いのですが、その逆の方は自然と体内に脂肪を溜めこんでしまうことになります。つまり、炭水化物からブドウ糖に分解される量が減ることができれば、脂肪として蓄積される分も減らすことができるというカラクリです。

血糖値が上がり過ぎてしまうと、糖尿病などの疾患も怖いですね。生活習慣病の抑制が期待できるので結果的にダイエットにもつながっていくことができるのです。

栗渋ポリフェノールの摂取方法

ただ、いくら渋皮にすごい効果があってもどう身体に取り込むか…が悩みますね。

kuchi

渋皮煮は美味しいですが炭水化物と糖分の塊みたいなものだし…。渋皮だけを食べるには限度がある。そんな時はマロンポリフェノールなどのサプリも出ているようです。栗の渋皮から作られているサプリなので当然、天然素材の栗渋ポリフェノールで置き換えダイエットや絶食するわけではなく、普段通りの食事のままでいいようです。

摂取時の注意点

普段通りといっても、暴飲暴食はNGです。バランスのとれた食事と適度な運動は必須ですが自然体のままでいいので身体の負担がかからないのも安心ですね。ちなみに、ポリフェノールその物を摂る場合の注意点がひとつあります。ポリフェノールは、体内で3~4時間しか効果が持続することが出来ず、体内に蓄積もされません。ですから、溜めこむことができない分、こまめに摂ることが大事です。

ダイエットだけじゃない!美肌効果なども

ダイエットとは少し離れますが、先ほども少し話題に出ましたが、女性には特に嬉しい美肌効果も期待できるようですよ。それは、栗渋ポリフェノールには、シミや黒ずみの元となる“メラニン”の生成を抑えてくれる働きがあるからです。

今回は栗渋ポリフェノールについてまとめてみました。栗渋ポリフェノールの効果が少しでも読んでくださった方にお伝えできたら何よりです。ダイエットに我慢も必要なのでしょうが、我慢ばかりしていると、他に支障をきたす場合もあるでしょうし何より長く続かないですよね。今回の栗渋ポリフェノールは、普段の食事に+αでいいことと、美肌効果も得ることができることが最大のメリットでしょう。自分の生活スタイルにぜひ+αしてみませんか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう