オリジンやホットモットなど、弁当屋で糖質制限!

スポンサーリンク

オフィスでの食事や、家で食べるご飯などのために、お弁当屋さんを利用している人は多いのではないでしょうか?

レストランなどで外食するよりは費用を抑えやすいですし、コンビニなどでおにぎりだけ(もしくはパンだけ)を買うよりも、主食とおかずが一緒になったお弁当の方が、より満足感を得やすいでしょう。

弁当屋で糖質制限!オリジンやホットモットなど

bento

お弁当屋さんの中には、糖質制限をしている人に向けた、低糖質のお弁当を販売しているお店もあるようです。しかしそのようなサービスを、すべての人が頻繁に利用できるとは限りません。オリジン弁当やホットモットなどチェーン系などのお弁当屋さんを利用する際、糖質制限をしている人は、どのようなことに注意すればいいのでしょうか?

お弁当の選び方

糖質制限食の専門店や、自炊をする時とは違って、普通のお弁当屋さんを利用する場合は、一食すべて低糖質のものばかりを食べる、というのは難しいかもしれません。とはいえ、それでもなるべく高糖質のメニューは避けたいものです。

お弁当の主菜といえば、やはり肉や魚を使ったものでしょう。

弁当

このような食品はタンパク質を多く含む一方、糖質はあまり含まれていないとされています。カロリーが気になる人もいるかもしれませんが、糖質制限という点からすれば、肉や魚を食べないようにする必要はあまりないと言われます。が、気を付けたいのが揚げ物です。特にトンカツやエビフライなど、衣の厚いおかずには注意したいところ。カロリーが高いだけではなく、衣には小麦粉やパン粉が使われているため、その分糖質量が多くなってしまいます。

また、フライなどにつけることのあるタルタルソースも、高糖質と言われています。マヨネーズは低糖質とされているため、タルタルソースも大丈夫なのでは?と考えてしまうかもしれませんが、できれば控えた方がいいでしょう。お弁当自体に入っていなくても、別売りで購入できることがありますが、なるべく我慢しましょう。

食べる順番を

糖質制限といえば、やはりご飯の量が気になるところです。主食を抜くなどして、糖質の摂取量を減らしている人も多いでしょう。

onaka

カレーやカツ丼などは、ご飯の量が多くなってしまいがちなメニューです。ゆっくり食べず、ついかき込んでしまう人も多いようなので、その点にも注意が必要でしょう。ご飯に加えて、カレーやカツにも糖質が含まれています。カツは前述の通り、衣に含まれている小麦粉やパン粉が気になるところ。カレーにも、とろみをつけるために小麦粉が入っていることがあるようです。

また、野菜などの食物繊維を多く含む食品を先に食べることで、血糖値の上昇を緩やかにすることができると言われていますが、単品で食べることが多いカレーや丼ものなどは、このような方法をとることができない場合がよくあるでしょう。
カレーや丼ものよりも、幕の内弁当のような、おかずが何種類かあるお弁当を選んだ方がいいでしょう。

おかずが多い場合は、野菜や海草、お肉から先に食べるようにしてください。たまたまカレーや丼ものしか売っていない、という場合は、サイドメニューにあるサラダなどを購入して、それらを先に食べるようにするとよさそうです。

単品や惣菜を選ぼう!

主食がほしい場合は、白米ではなく、雑穀米を使ったお弁当を選ぶのもいいかもしれません。健康志向の人向けに特化したお店などではない、ごく一般的なチェーン系のお弁当屋さんでも購入できるようです。ヘルシーなイメージのある雑穀米ですが、とりたてて糖質量が少ないというわけではないようなので、いくら食べてもOKというものではありません。しかし噛みごたえがあり、食物繊維を多く含むために、お腹に溜まりやすいと言われているのです。

daizu

GI値も低いとされているので、血糖値の急上昇を抑えることにつながるでしょう。低糖質とは言えないかもしれませんが、どちらかといえば、白米よりも雑穀米をチョイスした方がよさそうです。

また、お弁当屋さんでは、主食とおかずが一緒にパッケージされたものばかりではなく、単品のご飯やお惣菜なども販売されています。そのようなお店であれば、ご飯を買わずおかずだけ購入するというのもいいでしょう。

前述の通り、厚い衣のついた揚げ物は避けた方がいいでしょう。たとえば、比較的衣の薄い唐揚げ単品とサラダだけ、しょうが焼き単品とみそ汁だけなどといった具合に、組み合わせのバリエーションも楽しむことができそうです。

外出先での昼食や、多忙で夕食を作ることができない日などには、気軽に利用できるお弁当屋さんはとても便利です。とはいえ、既製品を買う際には、そこに含まれる糖質量が気になってしまうという人も少なくないでしょう。しかし、お弁当の選び方に注意すれば、糖質量を減らすことはできそうです。お弁当の中身や成分表示に注意しつつ、このようなお店を上手に利用したいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年08月03日
  • アヤ子とミチ太
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう
  • 外食の糖質制限術