子どもの糖尿病と糖質制限

スポンサーリンク

近年、子供の糖尿病が増えていると言われています。長年の生活習慣によって大人がかかる病気、というイメージがあるかもしれませんが、糖尿病は成人だけに発症するものとは限りません。

子どもの糖尿病と糖質制限ダイエットの関係

糖尿病とは、血糖値(血液中のブドウ糖の濃度)が適正な範囲を超えて高い状態が、慢性的に続くこととされています。この糖尿病には、1型糖尿病と2型糖尿病というタイプがあると言われています。

子どもの糖尿病

1型糖尿病は、何らかの原因によってインスリンの分泌能力が極度に低下、もしくは分泌能力がなくなってしまうものとされています。このタイプの糖尿病は、子供のときに発症することが多いと言われています。

2型糖尿病は、遺伝的な体質と生活習慣が重なって発症すると言われています。1型糖尿病のように、インスリンを分泌することがまったくできなくなってしまうのではありませんが、分泌量が減ったり、インスリンが効きにくくなってしまうことで、血糖値が高くなってしまうとされています。

1型糖尿病の場合は、インスリン注射による治療が欠かせません。一方で2型糖尿病の治療については、食事療法や運動療法を行うことが多いようです。

2型糖尿病の子どもの増加

これまでは、子供がかかる糖尿病といえば1型糖尿病だと考えられていたようです。ところが近年増えているのは、2型糖尿病と言われています。昨今は、生活習慣や食生活の変化によって、肥満傾向の子供が増えてきていると言われています。この変化に伴って、2型糖尿病の患者数も増えているようです。

ファーストフード店などを利用することが珍しくなくなったことや、コンビニなどでお菓子や清涼飲料水、レトルト食品などを、手軽に購入できるようになったことなどが、糖尿病の子供が増えた原因として考えられているようです。

また、主食にお菓子、スナック菓子、清涼飲料などはどれも糖質が多い食品の代表のようなもの。

糖尿病は、目や末端神経などに様々な合併症を引き起こすとされる病気です。生活習慣によって、子供のうちから糖尿病に悩まなければならなくなるようなことは、なるべく避けたいものです。

そこで気になってくるのが、糖尿病の改善や予防に効果があると言われる糖質制限です。子供に糖質制限をさせることで、糖尿病になることを防ぐのは、有効な方法と言えるでしょうか?

糖質を制限ではなく糖質過多を避ける

ポテト

すでに糖尿病について医師の診断を受けており、その指導の下で糖質制限を行う場合や、元々糖質を摂り過ぎてしまっているため、糖質の摂取量を減らすようにするというなら、子供が糖質制限をしても、あまり問題はないようです。

ただ、食生活や健康状態に問題がない子供であれば、あえて糖質制限をするのは、あまりおすすめできないという意見も見られます。成長期には、多くのエネルギーや栄養素が必要になると言われています。厳しい糖質制限をすることで、必要なはずのエネルギーや栄養素が、足りなくなってしまうことが考えられるのです。

また、給食などで皆と同じものを食べる機会が多いことも、糖質制限を難しくする要因の一つと言えるでしょう。そのような場面で、一人だけご飯やパンを食べるな、などと言われることは、子供にとって大きなストレスになってしまうかもしれません。

子供の場合は、糖質制限をするというよりも、糖質過多にならないような生活習慣を身につける方が、取り組みやすく、また有効な方法と言えるかもしれません。子供の糖尿病を防ぐために有効な方法の一つとして、炭水化物だけに偏らない食事を、三食きっちり食べるようにするということが挙げられると言われています。

バランスの毎日の飲み物や食事を

shokuji

三食きちんと食べる習慣をつけることで、栄養不足になるのを避けつつ、間食の摂り過ぎを防ぐことができるとされています。食事をきちんととらないと、次の食事までの間にお腹が空いて、間食をとりすぎてしまうことが考えられるのです。

また、食物繊維を多く含む野菜を食べることは、野菜に含まれる栄養素を摂れるだけでなく、食物繊維の働きによって、糖質の吸収を穏やかにすることにもなると言われています。毎日の食事の中に、野菜をきちんと摂ることができるメニューを組み込んでいきたいものです。

甘いものや清涼飲料水を、毎日食べたり飲んだりするような習慣をつけさせないことも、糖尿病を防ぐために大切なことだと言われています。お菓子やジュースなどは、多くの子供が好きなものですが、できるだけ控えるようにした方がいいでしょう。

子供に増えていると言われる2型糖尿病ですが、大人のようにきっちりと糖質制限をしなくても、バランスのとれた食生活を身につけることで、予防することができると言われています。それでも糖質制限をした方がいいのではないか、と感じたら、まずはかかりつけの医師などに相談するのがいいでしょう。

子どもの場合は、ダイエットというよりも、「健康」を食事で意識するほうが良いかもしれません。食事と健康のサイト「食事健康ドットコム」で気になる情報を探してみて下さいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年07月11日
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう