糖質制限中に注意!コレステロールの危険性

スポンサーリンク

糖質制限をすることで、コレステロール値が変動することがあると言われています。このような変化は、身体にとって何か影響があるのでしょうか?

糖質制限中のコレステロール

まず、そもそもコレステロールとは、何なのでしょうか?

コレステロールと聞くと、「体に悪いもの」という印象を受ける人も多いと思いますが、実は必ずしも悪いものであるとは言えません。

コレステロールの役割とは

細胞を包む細胞膜や、副腎皮質ホルモンなどの様々なホルモン、脂肪の消化を助ける胆汁酸などの材料になるとされているコレステロールは、そもそも身体にとって必要なものとされています。

butaniku

また、コレステロールについては、「善玉コレステロール」と、「悪玉コレステロール」という名前を聞いたことがある人も多いことでしょう。悪玉コレステロールは、動脈硬化の原因になることがあるとも言われていますが、身体の各所にコレステロールを運ぶという、人体にとって必要な働きをしているとされています。決して名前通りの悪役とは限らないようです。

一方の善玉コレステロールは、余ったコレステロールを運び出し、肝臓に送る役割をしていると言われています。コレステロールには「多すぎると問題になる」というイメージがありますが、反対に少なすぎるのもよくないと言われています。このコレステロールは、食べ物から摂取するほか、肝臓などで合成されます。

意外に思われるかもしれませんが、コレステロールのおよそ7割が体内で作られたものだと言われています。

糖質制限をするとコレステロール値が上がる?

血液の中に含まれるコレステロールの量は、コレステロール値で表されます。このコレステロール値が糖質制限を始めてから大きく上がった、というケースは少なくないようです。単に総コレステロール値が上がっただけでなく、悪玉コレステロールの値が上がることがあるようです。

その主な原因として、食生活の変化が考えられると言われています。糖質制限をすると、肉や卵などの食品を食べる機会が多くなりがちです。また、間食に糖質多めのお菓子を避ける代わりに、チーズやナッツを食べるという人も多いようです。糖質制限のために主食などの炭水化物を減らした結果、これらのコレステロール値を上げやすい食品を食べる機会が増えることが、コレステロール値が上昇する原因になっている、と考えられているようです。

中には、糖質制限を始めたら、正常だったコレステロール値が標準値を大きく超えてしまい、驚いたという人もいるようです。善玉コレステロールを増やすように良い脂質を選ぶことが大切です。

コレステロール値が高いことの危険性

コレステロール値が高いと、どうなってしまうのでしょうか?まず、総コレステロール値や悪玉コレステロール値が高い状態は、動脈硬化を引き起こし、命に関わる病気の原因になる可能性がある、という意見が見られます。高いコレステロール値を改善するためには、食事や生活習慣を改善したり、運動をしたりといった方法が主にとられているようです。

肥満

加えて、これらを続けても改善されない場合や、遺伝的素質によってコレステロール値が高くなってしまう場合などには、薬を使った治療が行われるようです。

糖質制限を数年続けるとコレステロール値は戻る?

ところが一方で、総コレステロール値や悪玉コレステロールの値が高くても、特定の危険なコレステロールが多い状態でなければ、あまり問題ではない、という意見も見られます。

善玉コレステロール値が高い場合や、悪玉コレステロールの中でも本当に問題になるコレステロールの値が低い場合は、総コレステロール値や悪玉コレステロール値が高くても大丈夫、とする考えがあるようです。

特に糖質制限を始めてからコレステロール値が上がった場合は、積極的に改善しようとしなくてもそのうち元に戻る、と言われることがあります。

前述のとおり、体内のコレステロールの多くは、肝臓などで合成されたものだと言われています。

onaka

1年、2年と長く糖質制限を続けていれば、そのうちに身体がコレステロールの高い食生活に順応し、体内で合成するコレステロールの量が調整されてやがては基準値に戻る、と言われているのです。

なお、元々肉などをたくさん食べていた人よりも、野菜中心の食生活を送っていた人の方が、糖質制限によってコレステロール値が上がるケースが多いと考えられているようです。普段食事で得られるコレステロールの量が少ない分、体内で合成する量が多いと考えられるためです。

糖質制限やコレステロール値の変化が健康に及ぼす影響については、専門家の間でも、いまだに議論されている点が多いようです。加えて、糖質制限の向き不向きや、身体への影響にも個人差があるようです。
体調や検査の数値などに不安があるときは、下手に素人判断をせず、専門の医師などに相談した方がよさそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう