大豆麺をダイエットの味方に!栄養や糖質など。

スポンサーリンク

糖質制限中は、なるべく避けた方がいいと言われる麺類。ところが麺は麺でも「大豆麺」なら、糖質制限中でも気兼ねなく食べられるようです。

ダイエットの味方、大豆麺で糖質制限!

大豆麺とはその名前の通り、大豆を原料として作られた麺のことです。色々な商品が開発されており、原料が大豆100%というものもあれば、小麦粉を多少使用しているというものもあります。(→編集部が試してみた大豆100%麺の購入レビュー)

大豆麺の栄養やメリット

大豆から作られているというだけあって、普通の麺に比べて糖質量の少ない大豆麺ですが、それだけではなく、カロリーも普通の麺より控えめで、食物繊維も摂取することができます。

大豆

食物繊維や大豆に含まれるタンパク質は腹持ちがいいと言われているため、糖質制限をしている人に限らず、ダイエット中の人には適した食品と言えるでしょう。また、大豆100%のものであれば、小麦にアレルギーがある人も食べることができます。アレルギーに悩んでいる人にとっても、役立つものとなりそうです。もちろん、大豆といえばイソフラボンなども豊富ですよね。

大豆麺の糖質量や購入方法

大豆麺は、普通のスーパーなどではあまり見かけることがありませんが、低糖質の食品などを専門に販売するお店では、よく販売されているようです。値段は1食50円を切るものから、300円ほどまで様々。糖質量は1食1gを切るものから10g程度とこちらも様々。ちなみにこのようなお店は、店頭販売ではなく、通販をしているところが多いようです。

一口に大豆麺と言っても、様々な商品があるため、どれだけ糖質がカットされているか、好みの味かどうかなど、色々試してみるのも面白いかもしれません。

大豆麺の料理やレシピ

さて、この大豆麺、当然ながら、普通の麺とまったく同じ味とは言えないようです。特に小麦粉を使わず、大豆のみで作られているものほど、大豆の風味が感じられると言われることが多いようです。
普通の麺とは違う点のある大豆麺の使い方がいまいちわからない、という人もいるのではないでしょうか?実際には、どのようにして食べられているのでしょう?

大豆麺は、一種類の商品を様々な方法で食べることができます。通常、麺類を購入する際には、スパゲティならスパゲティ、中華なら中華麺と、料理に合わせた麺を購入することになるでしょう。ところが大豆麺の場合、スパゲティとして食べるのも、ラーメンとして食べるのもアリ、ということになります。

パスタが食べやすくて人気!

大豆麺の食べ方の例としてよく紹介されているのは、やはりスパゲティではないでしょうか。

大豆麺のパスタ

多少クセがあるように感じられることもある大豆麺は、しっかりした味付けのソースと合わせると、特に食べやすいようです。

なお市販のソースを使う場合は、ソースの成分表示を見て、糖質の量もチェックしておきたいところです。また、トマト缶をベースにしたトマトソースなど、低糖質のソースを自宅で作るとなおいいでしょう。

洋風だけでなく、中華風に調理することもできます。たとえばラーメンのスープに、普通の麺の代わりに大豆麺を入れれば、ラーメンのように食べることができます。ラーメンだけでなく、担々麺や冷やし中華などにもアレンジすることができるのだそう。季節や気分に応じたアレンジができるでしょう。

美味しく大豆麺を食べるコツ

味が濃いものということで、ソース焼きそばにしてもおいしく食べられるようです。肉や野菜を一緒に炒めて、たくさん食べることができるのも、糖質制限中の人には嬉しい点かもしれません。もちろんソースだけではなく、塩や醤油など、お好みで味を変えてみてもいいでしょう。

焼きそば

100%大豆ではない大豆麺の中には、小麦粉ではなく蕎麦粉が入っているものもあります。そのような麺は、やはりお蕎麦の代わりに食べてみると、その持ち味を生かせそうです。ざる蕎麦や天ぷら蕎麦など、蕎麦を使うメニューであれば、幅広く置き換えることができるでしょう。

糖質制限中は、小麦粉を使った麺だけではなく、お米のご飯も控えることが多いでしょう。そんな人は、大豆麺を短くカットしてご飯風にしてみてはいかがでしょうか?特にピラフなどにすると、おいしく食べられるようです。また、大豆麺を短くカットしたものをハンバーグなどに混ぜる人もいるようです。肉が少なくて済むうえに満腹感が得られるので、ダイエット中の人には嬉しいメニューではないでしょうか。

麺が食べたいときに大豆麺で置き換えを!

糖質制限を頑張っていても、たまには麺類を食べたい、と思うことがあるかもしれません。低糖質の大豆麺は、こんな時心強い味方になるのではないでしょうか?また、低糖質なだけでなく、色んな食べ方があるので、バリエーションが楽しめるのもいいところです。

大豆を原料にした大豆麺は、普通の麺とはやっぱり違う、と感じられることも多いようですが、それはそれ、普通の麺と比べるのではなく、そういう食品だと思って楽しんでみてはいかがでしょうか。なお、低糖質の麺は大豆麺だけではなく、こんにゃくなどを原料にしたものも販売されています。味の好みは人それぞれ。大豆麺に限らず色々試してみると、お気に入りの一品が見つかるかもしれません。

マルサンアイの大豆100%麺ソイドルが価格もクオリティもオススメです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年05月20日
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう