ダイエット中におすすめなアーモンドミルクとは?

スポンサーリンク

「アーモンドミルク」という名前を聞いたことはありませんか?アーモンドなのにミルク?などと、聞いただけではどんなものなのか、よくわからないかもしれません。

ダイエットにもおすすめなアーモンドミルク

アーモンドミルクは、水に浸したアーモンドを砕いたものに水を加え、かすを濾して作られたものです。見た目は牛乳に似ており、名前にも「ミルク」と入っていますが、牛乳は含まれていません。日本ではあまり見かけない飲み物ですが、欧米ではよく飲まれているようです。

Raw_almond_milk

美容にもダイエットにも人気なアーモンドミルク

このアーモンドミルク、近年、ヘルシーで美容にもいい飲み物として、話題にされることが多いようです。まず、牛乳にくらべてかなりカロリーが低いとされています。牛乳200mlのカロリーがおよそ130kcalに対し、アーモンドミルクのカロリーはおよそ40kcalと言われています。アーモンド自体はカロリーが高いと言われているので、これは意外に感じる人も多いかもしれません。

さらにアンチエイジングに効果があると言われるビタミンEや、お通じを改善する効き目があるとされる食物繊維などの栄養素を含んでいるため、特にダイエットや美容に気を使う人には、すぐれた食品として注目されているようです。

アーモンドミルクの栄養素

ここで、アーモンドミルクに含まれている栄養素について、簡単にご紹介していきましょう。まず、アーモンドミルクにはビタミンEが豊富に含まれていると言われています。抗酸化作用を防ぐ効果があると言われるビタミンEは、老化防止などに良いとされています。

また、腸内環境を整える効果があるとされる不溶性食物繊維も、豊富に含まれているとされています。また、アーモンドミルクにはオレイン酸が含まれています。オレイン酸には、悪玉コレステロールを減らす働きがあり、動脈硬化や高血圧などを予防するなどの健康効果があると言われています。

なお、アーモンドに含まれる脂質の約7割が、このオレイン酸だと言われています。加えて、健康の維持にはかかせないカルシウムや鉄分など、ミネラルも摂ることができるとされています。

牛乳が飲めない人も大丈夫!

また、アーモンドミルクは「乳糖不耐症」に関係なく飲むことができると言われています。乳糖不耐症とは、乳糖を消化する「ラクターゼ」という酵素を持っていないために、乳製品に含まれる乳糖を消化できないことを指すとされています。乳糖を消化できないと、下痢などを引き起こしてしまうこともあるようです。

日本人には、程度には差があるものの、この乳糖不耐症を持っている人が多いと言われています。
アーモンドから作られるアーモンドミルクは、乳糖不耐症を気にせずに飲むことができるため、「牛乳を飲むとお腹を壊してしまう」という人でも問題なく飲むことができるようです。

また牛乳に比べて糖質も低いとされているので、糖質制限中の人にも向いている飲み物と言えるでしょう。アーモンドミルクに含まれる糖質は、200mlあたりおよそ0.6gと言われています。一方で牛乳に含まれる糖質は、200mlあたりおよそ9gとされています。比べてみると、かなり低い数値のように感じられます。

ただしアーモンドミルクには、牛乳ほどのタンパク質は含まれていないとされています。タンパク質は、糖質制限中にはきちんと摂った方がいいと言われていますので、別の食品からきちんと摂るように意識したいものです。

アーモンドミルクの飲み方

多くのメリットを持つとされるアーモンドミルクですが、どのように摂取すればいいのでしょうか?まず、普通の牛乳のように、そのまま飲むことができます。

あまり味がしないため、ハチミツなどを少し足したり、甘い味がついているものの方が飲みやすいと言われることが多いようです。ただし、味付けによっては糖質をとってしまうことになるので、入れ過ぎや摂り過ぎには注意しましょう。特にダイエット中の人は、できれば味のついていないものを飲むようにしたいところです。

また、コーヒーやココアに入れたり、シリアルなどにかけるという人も多いようです。グラタンなどの牛乳を使う料理や、デザートなどを作る際に、アーモンドミルクを使うこともできます。味が薄く、クセが少ないため、色々な料理に使うことができるようです。

自宅でアーモンドミルクを作ることも可能

なお、アーモンドミルクは市販のものを買う以外にも、自宅で作ることができます。アーモンド(生のアーモンドでも、ローストされたものでも作れるようです)を多めの水に一晩ほど漬け、水を捨てて洗ったら、新たに水を足し、滑らかになるまでミキサーにかけます。それからガーゼなどでかすを濾しとれば完成です。

なお、濾した後のアーモンドも、クッキーなどのお菓子を作る際に生地に入れたり、シリアルに混ぜたりすれば、捨てずに使うことができるようです。

いかがでしたか?アーモンドミルク自体は、ちょっと聞き慣れない感じのする食品かもしれませんが、低糖質で低カロリー、加えて様々な効果があると言われ、注目されているようです。
興味の湧いた方は、試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
  • アヤ子とミチ太
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう
  • 外食の糖質制限術