糖質制限ダイエットでリバウンド!?リバウンドしない方法とは。

スポンサーリンク

糖質制限はダイエット効果が高いと言われていますが、一方で糖質制限をして痩せることに成功した人が、やめたらリバウンドしてしまった、などという話を聞くこともあります。

せっかくダイエットに成功しても、リバウンドしてしまったのでは努力の甲斐がありません。加えて、リバウンドを繰り返していると、かえって太りやすい体質になってしまう、とも言われています。
リバウンドを防ぐためには、どうすればいいのでしょうか?

リバウンドをしない糖質制限ダイエットを!

リバウンド

せっかくダイエットをして結果が出てもリバウンドしてしまっては意味がありません。それまでした努力がもったいないですし、何より気持ち的なダメージが大きいですよね。まずは、リバウンドの原因について考えてみましょう。

リバウンドの原因とは?

原因のひとつとしてよく挙げられるのが、筋肉量が落ちてしまう、ということです。筋肉量が落ちると、基礎代謝も落ちてしまうとされています。基礎代謝とは、呼吸や体温調節などをするために消費されるエネルギーで、眠っている間にも使われているものです。

基礎代謝は成長と共に高くなっていきますが、16歳前後でピークを迎えあとは下降していくと言われています。

なんと、一日の総消費エネルギーの70%が、この基礎代謝によるものだと言われています。太りにくい身体を作るためには、基礎代謝を上げることが重要だと言えるでしょう。

逆に言えば、筋肉量が減って基礎代謝が下がってしまうと、痩せにくく、太りやすい身体になってしまうことになります。糖質制限をすると、エネルギー源として脂肪が分解されるようになり、痩せることができると言われています。しかし脂肪だけでなく、筋肉も分解されてしまうとかえってリバウンドの原因となってしまうことが考えられるのです。

急なダイエットはリバウンドの可能性を高めます。

また、いきなりハードな糖質制限を始めたという人にも、リバウンドをしてしまうケースが少なくないようです。ストイックになりすぎたためにストレスで糖質制限が続かず、また制限をやめた途端に反動でつい食べ過ぎてしまった、ということも考えられますが、それだけがリバウンドの原因ではないようです。

イソフラボンの過剰摂取

急激な減量を行うと、脳が「飢餓状態」だと感じ、少ないエネルギーでも生命を維持できるように、消費エネルギーを抑えるようになってしまうと言われているのです。そのことが、痩せにくく太りやすい体質を作ってしまい、リバウンドの原因にもなる、と考えられているようです。

初心者向けの適度な糖質制限を

三食すべての主食を抜くなど、ハードな糖質制限をすれば、短期間で大きな成果を得られるかもしれません。しかしそのことが同時に、リバウンドの原因を作ってしまうかもしれないのです。

リバウンドを防ぐためには、短期間に厳しい糖質制限をするのではなく、緩い糖質制限を長く続けることが効果的だと言われています。たとえば三食すべての主食を抜くのではなく、夕食だけ主食を食べないとか、昼食だけは主食を食べていいことにする、といった「初期向けの糖質制限」にしてみてはいかがでしょうか?

なお、このような制限を行う場合は、食後に活動してエネルギーを消費できる、朝食か昼食に主食を食べるようにするといいと言われています。

糖質制限を辛いと感じてしまうことも、長く続けるためには大きなハードルとなってしまいます。なるべくストレスを感じないように続けるためにも、緩い糖質制限は向いているでしょう。

また、いきなりハードな糖質制限を行うと、下痢や便秘などの体調不良を起こしやすいとも言われています。このような症状が出てしまうと、糖質制限を続けるのはいっそう難しくなってしまうでしょう。このような点からも、長続きさせるためには、緩い糖質制限の方が向いていると言えそうです。

基礎代謝を落とさずリバウンドを防ぐために

筋肉が落ち、基礎代謝が落ちてしまうのを防ぐためには、タンパク質をしっかり摂るといいと言われています。

sanpo

タンパク質を多く含む肉や魚は、ダイエット中にはカロリーの点から避けてしまう人も多いかもしれません。しかし、これらを適度に食べることが、かえってリバウンドを防ぐことにつながると言われているのです。なお、肉を食べる際には、脂身が少なく歯ごたえのある赤身を選ぶようにすると、カロリー過多になりにくく、満足感も得やすいと言われています。

また、タンパク質を多く含み、低糖質・低カロリーの大豆食品を摂るのも、糖質制限中の人にはおすすめだと言われることが多いようです。タンパク質を摂ると同時に、適度な運動を習慣にするよう心掛けることも重要だと言われています。筋肉が落ちるのを防ぐほか、エネルギーを消費することもでき、ダイエットの手助けにもなるでしょう。

以上のように、急激な減量をしないこと、また、筋肉量を落とさないように注意することは、リバウンドしないために重要なことだと言われています。
厳しい制限をして一気に痩せるよりも、無理な制限をせず、少しずつ減量していく方が、結果的にはダイエットを成功させるための、もっとも効率のいい方法となるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
  • アヤ子とミチ太
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう
  • 外食の糖質制限術