ココナッツオイルと糖質制限ダイエットの関係!

スポンサーリンク

ココナッツオイルは美容や健康のみならず、ダイエットにも効果があると言われています。加えて、糖質制限をしている人とも相性がいいと言われるようです。

しかし「オイル」といえば、ダイエット中には控えたいもの、という印象を受ける人も多いのではないでしょうか。なぜココナッツオイルは、ダイエットにいいと言われているのでしょうか?また、糖質制限とどのような関係があるのでしょうか?

ダイエットや美容に!ココナッツオイルと糖質制限

coco

ココナッツオイルは、ココヤシの果実の胚乳(種を包んでいる白い部分)から抽出される油脂です。母乳の主成分とされる「ラウリン酸」を豊富に含んでいると言われており、アレルギー症状を引き起こすことは稀だそうです。また、天然のものなので、基本的には副作用がないのも魅力の一つでしょう。

ココナッツオイルとは?

ココナッツオイルには、「中鎖脂肪酸」が多く含まれていると言われています。中鎖脂肪酸はココナッツオイルだけではなく、パームヤシの種子から作られる「パーム核オイル」にも含まれているとされています。この中鎖脂肪酸は、ラードやオリーブ油など、他の油に含まれる「長鎖脂肪酸」に比べて分解されやすいと言われています。そのためエネルギーとして使われやすく、脂肪として溜まりにくいのです。

また、この「分解されやすい」という作用が、長鎖脂肪酸にも影響を及ぼすため、脂肪燃焼の手助けにもなると言われています。ダイエット中に「オイル」をわざわざ摂る、というと、奇妙な感じがしてしまうかもしれませんが、このようにココナッツオイルには、かえって脂肪を燃焼させる働きが期待できるようです。

ココナッツオイルと炭水化物抜きダイエットの関係

またこの中鎖脂肪酸を摂取することで、糖質制限ダイエットと関係の深い「ケトン体」が作られやすくなると言われています。

onaka

炭水化物の摂取量を大きく減らすと、体のエネルギー源となる糖質が不足します。すると脂肪が分解されて、代わりのエネルギー源として使われるようになります。「ケトン体」は、脂肪が燃焼する際に発生するもので、アセトン、アセト酢酸、β-ヒドロキシ酪酸という3つの物質の総称とされています。(→詳しいケトン体の説明はこちら)

このケトン体を作られやすくする中鎖脂肪酸を多く含むココナッツオイルを、ケトン体ダイエット中に摂取することで、より大きな効果を得ることができると言われています。

厳しく炭水化物の摂取量を管理するケトン体ダイエットは、長期間に渡って漠然とした制限を続ける糖質制限とは、厳密には違うものとも言われていますが、炭水化物の摂取量を制限するという点では同じと言えるでしょう。このことから、糖質制限とココナッツオイルは相性がいい、と言われているようです。糖質を抑えた料理と一緒に摂るのが良いかもしれませんね。

ココナッツオイルの摂取方法

以上のように、ダイエットだけでなく、健康にもいいとされているココナッツオイルですが、どのようにして摂取すればいいのでしょうか?

koucha

まず、紅茶などの飲み物に加えるといいと言われています。冷たい飲み物に混ぜるとオイルが固形化してしまうため、暖かい飲み物に加えるようにしましょう。また、普通の油の代わりにココナッツオイルを使って揚げ物をするのもいいと言われています。ドレッシングにしたり、トーストに塗ったりすることもあるようです。

食用以外の活用。髪や肌にも

食べたり飲んだりするだけではなく、肌や髪の毛に塗ってツヤをだしたり、お風呂に入れてお肌をすべすべにしたりする人も多いようです。

furo

ココナッツオイルには多くの健康効果だけでなく、多様な利用法もあるようです。ただし、いくら健康やダイエットにいいと言っても、あくまで摂り過ぎないように注意しましょう。健康や美容のために摂取する場合の摂取量の目安は、1日につき大さじ2杯程度と言われています。

なお、ココナッツオイルの効果はダイエットだけでなく、便秘を改善したり、免疫力を高めたり、さらには認知症やアルツハイマーを予防したりといった、様々なメリットもあると言われています。

ココナッツオイルの危険や注意点

副作用がないと言われているココナッツオイルですが、摂り過ぎるとお腹がゆるくなるなどの症状が出ることがあるようです。その場合は摂取量を減らした方がいいでしょう。なおココナッツオイルは、無添加で高温加熱や漂白処理などを行っていない「ヴァーシンオイル」を使用することで、特に高い効果が得られると言われています。

いかがでしたか?ダイエットに効果があるだけでなく、健康にも役立つと言われているココナッツオイルは、ちょっと試してみたくなるアイテムではないでしょうか。また、色々な使い方ができるのも嬉しいところ。仮にココナッツオイルを食べたり飲んだりしてみて、もし「口に合わない」と思ったとしても、肌に塗ったりお風呂に入れたりすることで、消費することができそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年05月23日
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう