糖質制限ダイエットと美肌の関係

スポンサーリンク

糖質制限をした人の感想として、「糖質制限を始めてから肌がきれいになった」という話を耳にすることがあります。
世の中に存在するダイエット方法には様々なメリット、デメリットがあり、噂されていますが、糖質制限には本当に肌をきれいにする効果があるのでしょうか?また、あるとするならその原因として、どんなことが考えられるのでしょうか。基礎知識として紹介したいと思います。

肌が綺麗になる理由は糖化が抑えられるから?

bihada

糖質制限をしたことで肌がきれいになった、という変化には、「糖化」という反応が深く関わっていると言われています。
糖化とは、体内に取り込まれたものの、エネルギーとして使われなかった糖が、酵素の働きなしで体内のタンパク質などと結びつくことです。

人間の体内にあるタンパク質に、コラーゲンがあります。コラーゲンは体内のたんぱく質の約30%を占めると言われており、皮膚や血管など、体内のほとんどの組織に存在するとされています。繊維状のタンパク質で、細胞をつなぎとめる働きなどがあると言われます。
体内のコラーゲンの約40%は、皮膚に存在すると言われています。皮膚にあるコラーゲンは、肌にハリやみずみずしさを与え、肌トラブルを防ぐ働きもすると言われます。

このコラーゲンなどの皮膚に存在するタンパク質も、やはり糖化されてしまうことがあります。
タンパク質が糖化されたことによってできる糖化生成物は褐色をしているため、糖化が進むと肌が黄色く、くすんだ色に見えてきてしまうと言われます。加えて肌のハリが失われたり、たるみやしわを引き起こしたりする原因になるとも言われています。

また、血中の余分な糖分は、血管を作っているタンパク質とも結びついてしまうことがあります。
糖化が進んだ血管はもろくなり、その先の細胞に酸素や栄養が届きにくくなってしまうと言われています。肌の細胞もやはり、毛細血管から酸素や栄養をもらっているので、血流が悪くなるとそれらを受けとりにくくなってしまいます。このことも、肌の調子が悪くなる原因だと言われています。

糖質制限ダイエットの結果、糖化の度合いが下がる

糖質制限のために摂取する糖質の量を控えたり、食後血糖値の上昇を防ぐような食事を心がけたりすることで、糖化の危険性を減らすことができると言われています。
糖化が起こりにくくなれば、その分肌のコラーゲンの働きが阻害されることも、血管がもろくなることも防ぐことができるでしょう。
糖質制限をしたら肌がきれいになったというのは、まるで根拠のない話というわけではなさそうです。

糖とアンチエイジングについては、抗糖化とは?にまとまっているのでチェックです。

下記記事でも過去にご紹介していますのでお時間があるなら確認してみてください。
糖質制限ダイエットがアンチエイジングにも効果!注目の「抗糖化」とは?
体のほぼ全ての場所を老化させる、「抗糖化」を防ぐための5つの方法。
「抗糖化」って「糖質制限」とは違うの?そもそも「糖化」っていったい何?

ただし、肌がきれいになったという人がいる一方で、糖質制限をしたら肌が荒れてしまった、という人もいるようです。
どうしてそのようなことが起きてしまったのでしょうか?

糖質制限で肌が悪化した!?

hadaare

糖質制限を始めてから肌の調子が悪くなったということの原因としては、糖質制限によって便秘になってしまうことが挙げられているようです。
個人差が大きいようですが、糖質制限をすると下痢や便秘などになってしまうことがあると言われているのです。

その原因としては、主に食生活の大幅な変化が挙げられるようです。
炭水化物中心の食生活が、タンパク質や脂質、食物繊維などを主としたものに変わると、腸内細菌のバランスが崩れ、お腹の調子が悪くなってしまうことがあると言われています。

便秘が慢性化してしまうと、腸内に常に便がある状態になってしまいます。長期的に体内に滞留している便はやがて腐敗してしまい、有害物質が発生します。
体内に有害物質が増えると、身体はそれを排出しようとします。しかし、便を出すことができないと、有害物質を腸壁から吸収し、血中に取り込んで全身に送り込んでしまいます。この有害物質によって、肌の機能が低下してしまうとされています。

また、そもそも便秘自体が、身体本来の働きがうまく機能せず、自律神経が乱れている状態であるとも言われています。そのために新陳代謝がうまく行かなくなり、肌荒れなどのトラブルを引き起こしてしまうことがあるようです。

急なダイエットは禁物。まずは軽い糖質制限から!

このような糖質制限による肌へのダメージを避ける方法としては、まず、ゆるい糖質制限から始めることが挙げられるでしょう。
三食すべての糖質を控える「スーパー糖質制限」のような方法は、もっとも効果が高いとされていますが、最初から厳しい制限をすると、体調不良を起こしやすいとも言われています。何事も加減が大切です。

いずれ厳しい糖質制限をしたいと思っている人であっても、まずはゆるい制限から始めて、身体を徐々に糖質制限に慣らすことで、身体に負担をかけずに続けることができるのではないでしょうか。

また、腸内環境を整える効果があると言われる食物繊維を多く摂ることなども、便秘などを防ぐ効果があると言われています。
なお、肌の調子だけでなく、糖質制限を始めてから体調がよくない、という状態があまりに続くようであれば、無理に糖質制限を続けず、かかりつけの医師などに相談した方がいいでしょう。

メディアなどにも沢山紹介されちる流行のダイエット方法ではあると思いますが、あくまで体のことですから正しい知識、そして状況に応じた正しい判断ができるようにしてください。

糖化に関してはこちらで詳しく説明していますので、あわせてチェックしてみてくださいね。→ダイエットだけじゃない!糖は老化にも影響?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年08月22日
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう