麺の糖質量を一覧でチェック

スポンサーリンク

ラーメンやうどん、そば、スパゲッティーなど種類が豊富で、食べる機会も多い麺類。ご飯やパンよりも麺類が好き、という方もおられるかもしれません。
ところが糖質の点を考えると、これら麺類の食べ過ぎには注意が必要です。

麺の糖質量をチェック

men麺

糖質制限をする場合、基本的には一食で摂取する糖質の量を20g以内に抑えるといいと言われています。

食材 糖質量(100g当たり)
そうめん(乾) 70.2g
スパゲティ(乾) 69.5g
マカロニ(乾麺) 69.5g
インスタントラーメン 61g
カップ焼きそば 55.7g
カップラーメン 54.6g
中華めん(蒸し) 36.5g
中華めん(ゆで) 27.9 g
そば(ゆで) 24g
うどん(ゆで) 20.8g

ところが麺類には、この基準をオーバーしてしまうものが多いのです。メジャーな麺類といえば、スパゲッティー、中華麺、うどん、そばといったところでしょうが、これらの食品は皆、およそ一食分の量に含まれる糖質が20gを超えてしまいます。

ちなみに、「ダイエットにいい」や「ヘルシー」というイメージの強い春雨ですが、こちらにもやはり糖質が含まれています。そのイメージから、「小麦の麺の代わりに春雨を食べているから大丈夫」などと油断するのは禁物と言えるでしょう。

低糖質なおから麺で安心!

しかし、麺類をすべて我慢するというのは、人によってはとても辛いことです。食べておいしいだけではなく、茹でるだけで食べられるので、ご飯を炊くよりも短い時間で用意ができるという、便利な一面もあります。

そこで、様々な食品が麺の代用として使われています。
最初から普通の麺の代わりとして作られている食品には、こんにゃく麺や大豆麺(→一食糖質量0.9gの大豆麺を食べてみた)、海藻を原料としたわかめ麺やこんぶ麺などがあります。中でも評価が高いようなのが、紀文の「糖質0g麺」。おからとこんにゃくを原料とした麺です。おからが入っているために「こんにゃくっぽさ」が緩和されており、クセがないため様々な料理に合わせやすいでしょう。

また、おでんなどに入れることの多いしらたきは、その形状から麺の代わりに活用されることがあります。比較的入手がしやすく、ダイエットをしている方にとっては、低カロリーである点も嬉しいものです。

麺の代用品を使って飽きないダイエットを

このように、麺の代用にできる食品には様々な種類があります。ある食品を食べてみて「苦手だな」と感じても、別のものなら問題なく食べられるかもしれません。

また、ひとつの食品に飽きてしまっても、別の食品に切り替えることで、糖質制限を長く続けることができるかもしれません。
加えて、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれているものも多くあります。糖質オフという点だけではなく、それらを補うという点においても、役に立つのではないでしょうか。

糖質制限においては、麺類の食べ過ぎには注意が必要です。
麺類が好きな方には辛いことですが、いっそ様々な麺の代用品を試すいい機会と考え、前向きに挑戦してみてはいかがでしょうか?もしかすると、糖質オフの食品の中から、お気に入りが見つかるかもしれません。

ここでは麺の糖質を紹介しましたが、主食全体の糖質量を確認したい場合は、こちらの記事をご確認ください。
主食の糖質量

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2015年05月15日
生漢煎防風通聖散
ソイドル
マロンポリフェノール
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう