糖質オフの朝ごはんにオススメ!ダイエット中に飲みたい野菜スープ。

スポンサーリンク

毎日の朝ごはんって迷いますよね。パンやご飯が定番ですが、糖質を控えている場合は何か別な料理にしなければいけません。そんなダイエット中にオススメなのが野菜スープです。作りおきして毎朝温めるだけにしてしまえば、楽に毎朝が過ごせますよ。

朝ご飯で野菜スープダイエット

朝ごはんをたっぷりの野菜スープにしてから、なんだか調子が良いような気がします。たくさんつくって、3〜4日くらいかけて食べています。

材料は家にある野菜や肉、卵など使わないものを上手に活用し、お金はかけずにつくりましょう。以下のような1~3の食材をバランスよく組み合わることをオススメします。

1 野菜のラインナップ

  • ほうれん草、キャベツ、白菜など葉もの野菜、ズッキーニ、茄子、タマネギ、人参、もやし など
  • 2 動物性タンパク質(肉、魚、卵)のラインナップ

  • 豚肉、鶏肉、牛肉、ソーセージ、ベーコン、卵、魚介
  • 3 植物性タンパク質や食物繊維のラインナップ

  • 豆腐、油揚げ、厚揚げ、モズク、ワカメ、コンニャク、白滝、キノコ
  • 4 出汁・味付け

  • 洋風(トマト、コンソメ)、和風(鰹、昆布)、中華風・エスニック(鶏ガラ)
  • 上記のような、野菜、お肉など、キノコや豆腐などを組み合わせて、あとは好きな味で仕上げましょう。

    組み合わせ方は例えば以下のような感じです。

    • 白菜とベーコンとシメジのコンソメスープ
    • 白菜と豚肉と白滝の生姜スープ
    • モヤシと海老と厚揚げのエスニックスープ
    • 小松菜と卵とワカメの中華風スープ

    組み合わせはいくらでも。特にお通じなどが気になる人は、海草やキノコを多めにして、お肉類を抑え、さらにキャベツなど食物繊維の多い野菜を使うのが良いですよ。

    たっぷり野菜の具沢山コンソメトマトスープ

    その中の1品、トマトコンソメスープのレシピを紹介です。野菜やお肉などはありもので代用してOKです。

    トマトコンソメスープ

    材料

    野菜

    • タマネギ 2個
    • ズッキーニ 半分
    • 人参 1本
    • セロリ 半分
    • 白菜 1/8

    • ソーセージ 4〜5本

    スープ

    • トマト缶 1缶
    • コンソメスープの素 1個
    • 塩胡椒 適量
    • ローリエの葉1枚(有れば)
    • 水 1〜2カップ

    作り方

    1 野菜とソーセージは角切りにします。
    2 鍋にオリーブオイルとニンニクみじん切りをいれ熱し、ソーセージを炒めます。
    3 追って野菜を全部入れ、しんなりするまで炒めて塩こしょうをします。
    4 トマト缶とコンソメ、水、ローリエを入れて煮込みます。
    5 最後に塩こしょうで味を調整して完成。

    水の量は野菜の水分を見て調整してみてください。最初1カップいれて煮込み、足りなければ少し足すなどで調整しましょう。この材料だと大量にできるので、1食分づつジップロックか小さなタッパーなどに入れてしまうと便利です。ソーセージはきらずに大きな物を1本入れても美味しいですよね。

    朝ごはんを抜くとダイエット中でも太りやすく!

    朝ごはんがどうしても、時間がとれないなどで抜きがちになってしまいます。しかし、朝ご飯を食べないと、体が飢餓状態になり、次の食事の栄養を過剰に摂取してしまい、血糖値も急上昇をしがち。

    すぐに食べれて、体も温まるスープは朝ごはんにもってこいというわけです。朝作るのはけっこう面倒だと思いますので、夜のうちにつくってしまい、小分けにして食べましょう。特に摂取したいのは、きちんと栄養素の高いもの。ほうれん草や小松菜などの色の濃い野菜。豆腐や卵、肉、魚などのタンパク質も摂取しておきたいですね。

    材料はもちろん、糖質制限OKフードを使いましょう。トップページの糖質制限OKフードをチェックしてみてください。

    スポンサーリンク
    スポンサーリンク
    公開日:
    最終更新日:2013年12月12日
    生漢煎防風通聖散
    ソイドル
    マロンポリフェノール
    • 診断
    • 糖質オフなおかずやおつまみ
    • 砂糖のかわりになにつかう