毎日のお弁当に!おつまみに!便利な常備菜、塩麹蒸し鶏の作りかた。

スポンサーリンク

日々食事を作る人にとって大変便利なのが「常備菜」。

つくって冷蔵庫にいれておけば、1週間くらいは「あと1品!」に困りません。

最近、鳥ハムなんかがはやっていますが、あれは「砂糖」と「塩」を使うレシピが基本なので、糖質制限中であれば別のモノにしておきましょう。

糖質制限“常備菜”蒸し鶏の作りかた

<材料>
・とりムネ肉 1枚
・塩麹 大匙3
・清酒 適量

<作りかた>
1 ジップロックなどに水でさっとあらった鶏肉と、塩麹をいれてもみ、1日ほど冷蔵庫にいれます。
2 鶏肉についている塩麹をさっと洗いおとし、少々お酒をかけて低温でじっくり蒸します。中まで火が通れば完成!

蒸すのは、耐熱の深皿に鶏肉を入れて、水をいれたお鍋のなかに設置。ふたをして弱火でじっくり蒸すのがおすすめ。深皿のなかに鳥のスープが出来ていますので、こちらも再活用できます。

お鍋に入れるお湯の量は、深皿には届かないくらいで、でも蒸しているときにお湯がなくなって空焼きをしないように、ぎりぎりまでタップリいれてくださいね。

<食べ方>
・そのままハーブ塩とオリーブオイルでイタリアン風にさっぱりと。
・ごま油、醤油、生姜、お酢で中華風に
・ナンプラー、生姜、お酢、パクチーでエスニックに

ちなみに塩麹の糖質量は100gあたり27gほど。少なくはありません。ただ、1回に使う量、さらに蒸す前に落としてしまうこと、さらに1回に食べる量をかんがえれば、十分に許容範囲でしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:
最終更新日:2014年04月11日
  • アヤ子とミチ太
  • 診断
  • 糖質オフなおかずやおつまみ
  • 砂糖のかわりになにつかう
  • 外食の糖質制限術